【コロナ時代の若手教師自己研鑽術(3)】授業記録を書き、日々の授業を振り返る

川崎市公立小学校教諭 土居 正博
この連載の一覧
コロナ時代の若手教師自己研鑽術


前回主な話題とした「発問・指示・説明」の3つの指導言。これらを磨いていく具体的な方法は、授業記録を書き、日々の授業を振り返ることです。今回は、授業記録についてご紹介します。

まず、授業記録とは何かということについてです。授業記録とは、行った授業を振り返り、再現していく記録のことです。主な内容は、「教師の指導言(発問・指示・説明)」「子供たちの反応(様子、挙手した人数、出された意見、書いていた内容など)」「授業を振り返っての反省、感想」などです。

具体的なものを示した方がご理解いただけると思いますので、数年前に私が書いたものを次に抜粋します(児童名はAさんBさんとします)。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。