【Withコロナ時代の体づくり(3)】創り出された新たなスポーツコミュニティー

東京学芸大学准教授 鈴木 直樹
この連載の一覧
Withコロナ時代の体づくり ICTとの融合


運動・スポーツは、子供たちの習い事として大人気です。しかし、コロナ禍において外出自粛になると、そういった機会も持ちにくくなっていきました。今回は、このような中で取り組まれた2つの実践を紹介したいと思います。

菊地朋枝さんは現在、加圧トレーニングを指導するトレーナー。小学5年生から空手を始め、全国大会でも入賞をするようなアスリートです。大学卒業後は、選手としてだけではなく、指導者としても活躍しています。コロナ禍で道場での指導ができなくなったことを受け、オンラインでの空手指導をスタートさせました。

対面では、直接体に触れて骨格を調整したりできますが、オンラインではそれができません。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。