【Withコロナ時代の体づくり(4)】オンラインを活用した体育指導の実際①

東京学芸大学准教授 鈴木 直樹
この連載の一覧
Withコロナ時代の体づくり ICTとの融合

私は体育ICT研究会の研究推進委員長として、遠隔体育の研究に携わって来ました。2019年度は、国内外の学校間を結んで、合同体育を行う授業実践に取り組みました。今回は、日本とマカオの学校間で行った実践について報告することを通して、オンラインでの体育の実践可能性について言及したいと思います。

授業実践の前半では、「だるまさんが転んだ」を行いました。日本の子供の中から一人、鬼が選ばれ、「だるまさんが転んだ」と言っている間に、マカオの子供たちは鬼が映し出されているスクリーンの手前に置かれたコーンに近づこうとします。判定は、日本の子供たち全員がスクリーンを見ながら行います。

オンラインでこのような活動をすると、音声が遅れて届きます。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。