【Withコロナ時代の体づくり(5)】オンラインを活用した体育指導の実際②

東京学芸大学准教授 鈴木 直樹
この連載の一覧
Withコロナ時代の体づくり ICTとの融合

コロナ禍において学校が休校措置となる中で、体育ICT研究会では4月27日から5月2日にかけて、家庭からオンラインで参加できる「体つくり運動と表現運動」と「VRを活用した体つくり運動」の遠隔体育を1日おきに3回、計6回実施しました。また、実施後は、この取り組みの成果を教員に普及していくことを目的として、教員研修会を実施しました。

家庭とつなぐ遠隔体育の実践は、昨年度の国内外の学校間での実践を手掛かりにして構想し、研究の成果も踏まえ、同期型・双方向型の体育にこだわりました。理由は、体育学習として学びを価値付けていくには、適切な指導に基づく「評価行為」が重要であり、そのためには授業内での教師と子供、子供間での豊かな「コミュニケーション」が必要であると考えたからです。

したがって、主となる学習活動は「問題解決学習」として設定され、子供たちはどの内容においても、まず一緒に経験してみることから問題を導き、その解決はオンラインミーティングシステムの小グループに分ける機能を使用して、小集団で試行錯誤させるようにしました。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。