【コロナ時代の若手教師自己研鑽術(7)】サークルや研究会に参加・所属する

川崎市公立小学校教諭 土居 正博
この連載の一覧
コロナ時代の若手教師自己研鑽術


教師が一人で力量を高めていくのには限界があります。同じ志を持つ仲間を得たり、模範となるメンター(師)と出会ったりすることがとても重要です。

そうした良き出会いを得られるのがサークルや研究会です。教師が力量を高めるには、これらの集まりに積極的に参加したり、継続的に所属したりすることが重要だと思います。

サークルや研究会に参加したり、所属したりすることによるメリットとして次の三点があります。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。