【Withコロナ時代の体づくり(7)】「新たな生活様式」における体育・身体活動

東京学芸大学准教授 鈴木 直樹
この連載の一覧
Withコロナ時代の体づくり ICTとの融合


萩生田光一文科相は、2020年5月22日の記者会見で「学校の設置者は一切気を緩めることなく、新しい生活様式を学校に導入し、リスクを低減する必要がある」と述べています。「新たな生活様式」では、感染防止の3つの基本として、「身体的距離の確保」「マスクの着用」「手洗い」が具体的な対策として示されています。

身体活動の実施については、「公園はすいた時間や場所を選ぶ」「筋トレやヨガは自宅で動画を活用」「ジョギングは少人数で」など、人との接触を最小限に抑えるための活動方法が示されています。体育の授業でも、熱中症対策の観点から、マスク着用は必要ないとされていますが、身体的距離に配慮することが推奨されています。

20年6月16日に発表された「学校における新型コロナウイルス感染症に関する衛生管理マニュアル~「学校の新しい生活様式」~」(Ver.2)では、特に感染リスクが高い活動として、「体育、保健体育における『児童生徒が密集する運動』や『近距離で組み合ったり接触したりする運動』」が挙げられています。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。