【学びの手段は、多い方が面白い(2)】「みどりのオンライン動画」で授業を配信

茨城県つくば市立みどりの学園義務教育学校校長 毛利 靖
この連載の一覧
学びの手段は、多い方が面白い


3月の休校の時点では、4月からは暖かくなるので、インフルエンザのようにコロナも終息すると安易に考えていたが、改善するどころか深刻さが日に日に増していった。そのため、4月の新学期からの再開も難しいのではないかと、次第に考えるようになった。

その後、市教委からは、2~9年生の登校は4月6日、1年生は4月7日のそれぞれ午前中だけとし、入学式は行わず、できるだけ短時間の登校にするようとの連絡があった。そこで、6日に何を行うのが大切か、みんなで考えた。

その結果、始業式や学級紹介、担任発表はカットし、昇降口が密にならないよう間隔をあけてクラス発表を掲示し、登校時に分かるようにした。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。