【コロナ時代の若手教師自己研鑽術(8)】サークルを立ち上げる

川崎市公立小学校教諭 土居 正博
この連載の一覧
コロナ時代の若手教師自己研鑽術


前回の記事で「サークルや研究会に参加・所属すべき」ということを述べました。しかし、最近は「身近にサークルや研究会がない」という声をよく耳にします。確かに、昨今の多忙化などにより、サークルや研究会は減ってきており、活動が縮小されているようなケースもあります。「身近にない」と感じても不思議ではありません。

身近に参加できるサークルや研究会がない場合、どうしたらよいのでしょうか。答えは一つ、自分で立ち上げればよいのです。研究会を立ち上げるとなると少し難しいかもしれませんが、サークルであれば簡単です。

志ある教師が自分を含めて2人以上定期的に集まり、実践についてああでもないこうでもないと検討し合えば、それは立派な「教育サークル活動」です。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。