【Withコロナ時代の体づくり(8)】「新たな生活様式」における運動部活動

東京学芸大学准教授 鈴木 直樹
この連載の一覧
Withコロナ時代の体づくり ICTとの融合


中学生や高校生の競技者が目標としてきた2020年の夏の大会が、次々と中止されています。中学3年生や高校3年生にとっては、学校生活最後の大会として練習の成果を発揮する場を失い、落胆している生徒も少なくないと思います。

Withコロナ時代の身体活動として、体育の授業以上に実施に難しさがあるのが運動部活動と言えるでしょう。体育や日常の身体活動は、「新しい生活様式」を取り入れやすい活動を選択して実施をすることができますが、運動部活動の場合、特定の種目を専門的に取り組むことが多いからです。

運動種目によっては、密閉された換気ができない状態での活動、接触を伴うプレーや組み合うことによる接触なども余儀なくされます。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。