【プログラミング教育の勘所(8)】「1人1台」でパソコンを学校にする

NPO法人CANVAS理事長/一般社団法人超教育協会理事長/慶應義塾大学教授 石戸 奈々子
この連載の一覧
プログラミング教育の勘所


プログラミング教育の導入に当たり、「Scratch」を使用する学校は多いことでしょう。私はかつて、Scratchが生まれたMITメディアラボで研究をしていました。

人工知能の生みの親であるマービン・ミンスキー、パーソナルコンピュータの父と呼ばれるアラン・ケイ、教育用コンピュータ言語「LOGO」開発者のシーモア・パパート。世界中の異才が集まるメディアラボは、1985年の設立以来、デジタルの未来社会に対するビジョンを世界に対して打ち出してきました。

そして、子どもとデジタルの関係を総合的に研究しているラボでもありました。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。