【ポストコロナと教育格差(7)】オンライン学習環境の幾重もの格差

広島経済大学准教授 前馬 優策
この連載の一覧
ポストコロナと教育格差

今回と次回は、コロナ禍で急速に需要が増大した学習のオンライン化について、教育格差の視点から考えてみたい。

まず、休校期間にどのように家庭学習が課されたか見てみよう。文部科学省から二つの時点における調査結果が公表されている。

4月16日時点と6月23日時点で、設置者単位で見て、テレビ放送の活用が24%→38%、教育委員会などが作成した学習動画の活用が10%→26%、デジタル教材の活用が29%→40%、双方向オンライン授業が5%→15%となっている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。