【Withコロナ時代の体づくり(10)】 ますます重要になる体づくり

東京学芸大学准教授 鈴木 直樹
この連載の一覧
Withコロナ時代の体づくり ICTとの融合


いよいよ本連載も最終回となりました。コロナの感染拡大は、私たちの生活を激変させました。5月に緊急事態宣言が解除された後も、7月以降に再び感染者数が急増するなど、収束のめどは立っていません。

その意味でも、私たちはWithコロナを前提として、体づくりを進めていかなければなりません。その際のキーワードの一つは、「ソーシャルディスタンス」ではないかと思いますが、それは身体活動の醍醐味である直接的交流を難しくすることにもつながります。それを補うために、私たちはICTを適切に活用していく必要があるのです。そして、身体活動環境の変革にも努めていかなければなりません。

まず、体育施設のデザインもICTとの連携を視野に入れつつ、Withコロナ時代の身体活動実践を支えるものにしていかなければならないと思います。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。