【プログラミング教育の勘所(10)】全国小中学生プログラミング大会(JJPC)

NPO法人CANVAS理事長/一般社団法人超教育協会理事長/慶應義塾大学教授 石戸 奈々子
この連載の一覧
プログラミング教育の勘所


私が理事長を務めるNPO法人CANVASでは、毎年「全国小中学生プログラミング大会」(JJPC)を開催しています。大会といっても、主としてプログラミングのスキルを競うものではありません。実装力としての技術力も評価項目の一つではありますが、特に重視しているのは発想力と表現力です。

昨年、見事グランプリを獲得したのは「現実シリーズ2 渋谷スクランブル交差点信号機」(小2)。世界一複雑な渋谷のスクランブル交差点をコンピュータで再現し、交差点の車や人の流れをシミュレーションする作品です。

「安全で渋滞のない交差点や信号をつくること」を願い、夏休みに何度も渋谷に足を運び、調査を重ねて制作しました。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。