【教室には愛がいっぱい(2)】居てくれるだけでうれしい「愛の教室」

いもいも講師 薄田 京子
この連載の一覧
教室には愛がいっぱい


ボランティアとして、初めていもいもの体験教室に参加させてもらった時のことです。当時、私は教育関係ではない仕事に就いていましたが、井本さんから「いもいも教室へ遊びに来ない?」と誘っていただきました。子供が大好きな私はその日が楽しみな半面、教室という場所と初めて会う人に緊張していました。

当日、教室に着くと5~6人のスタッフの方たちがいらして、井本さんが「今日一緒に参加してくれる京子ちゃん!」と私のことを紹介してくださいました。そして私に「居てくれるだけでいいから!」と言い放って、その後すぐに打ち合わせが始まりました。「あれ?私、自己紹介しなくていいの?どこの誰かも分からない人間が、ここに居ていいの?」と、不安になりました。

でも、慣れるまでに時間はかかりませんでした。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。