【Withコロナから見たGIGAスクール構想(2)】休校期間中にオンライン授業に取り組んだところは

埼玉県川越市立新宿小学校教諭 鈴谷 大輔
この連載の一覧
Withコロナから見たGIGAスクール構想


オンライン授業をいち早く実施した学校は、全ての家庭に端末や通信環境が整っていなくても、まずは挑戦しようとしたところばかりです。「学びを届けられるところから届けていく」といった判断が早期に行えたところでは、オンラインでの学びの保障が速やかに開始されました。

導入に当たっては、家庭の通信環境調査が必要です。機器や通信環境が不十分な家庭であっても、保護者のスマートフォンを利用させていただくなどの柔軟な対応が取れるよう、働き掛けが必要となります。また、環境が整わない家庭に、学校の端末を貸し出したところもありました。

次に校内での研修です。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。