【ポストコロナと教育格差(10)】教育格差拡大を止める学校の在り方

広島経済大学准教授 前馬 優策
この連載の一覧
ポストコロナと教育格差

最終回は、教育格差拡大を止める学校の在り方について述べ、締めくくることにしたい。

未曽有の危機に対して、学校はどのように対処すべきか。そのヒントとなる研究が、「東日本大震災の学力への影響」(国立大学法人東北大学、2014年)と題された報告書である。

この報告書では、津波被害後にもかかわらず学力を向上させた学校への聞き取り調査結果についてまとめられているが、そのような学校の特徴として挙げられているのは、「生活規範や学習規範の再構築」「地域や保護者の協力」「地域や保護者を安心させるファクターとしての校長のリーダーシップ」「行政と学校の連携」などである。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。