【Withコロナから見たGIGAスクール構想(4)】「1人1ID」が生み出す効果

埼玉県川越市立新宿小学校教諭 鈴谷 大輔
この連載の一覧
Withコロナから見たGIGAスクール構想


児童生徒一人一人に個別のIDを発行する「1人1ID」。現在多くの学校では共有の端末を使用しており、それを使用する際に使うIDやパスワードも共有されていることが少なくありません。子供の成果物は校内にあるサーバー上に保存することが多く、子供たちは家で課題の続きなどをすることができません。

一方で、「1人1ID」を付与すれば、児童生徒の学びを蓄積し、授業者やAIによるフィードバックが行われ、個別最適化された学びを提供することが可能となります。また、クラウド上にデータを保存することで、子供たちの学びがどこにいても保障されます。その意味でも、「1人1台」の端末と「1人1ID」はセットで考えるべきものと言えます。

新型コロナウイルスによる休校期間中、私の勤務する学校ではMicrosoft Teamsを活用して1人1IDを発行し、学習を行いました。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。