【学びの手段は、多い方が面白い(8)】インタラクティブなオンライン学習

茨城県つくば市立みどりの学園義務教育学校校長 毛利 靖
この連載の一覧
学びの手段は、多い方が面白い


前回、分散登校時におけるICTを活用した学びのハイブリッド化について述べた。今回は、つくば市教育委員会がコロナ対応のために用意した、学校でも家庭でもシームレスに活用できる教育用グループウエアを紹介する。

今回紹介する「スタディノート10」(シャープマーケティングジャパン)は、これまでつくば市内の小中学校に導入され、子供たちが問題解決型学習で活用してきた。子供たちが自分で課題を設定し、調査活動をまとめたり、電子掲示板を使って他校と話し合ったり、成果物をプレゼンしたりすることができる。

また、教師が作成した学習課題を子供たちのタブレット端末に配信し、子供たちが解き方を考えて端末に書き込み、それを教師の大型提示装置に送信して、解答を比較しながら考えを深めていくこともできる。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。