【学びの手段は、多い方が面白い(10)】コロナ第2波、第3波に向けて

茨城県つくば市立みどりの学園義務教育学校校長 毛利 靖
この連載の一覧
学びの手段は、多い方が面白い


現在、学校は通常登校に戻ったが、前回述べたように、今までと同じ形態で授業を行うことはできない。加えて、いつコロナで突然休校になるかも分からない。私たちは、そうした事態になっても慌てることなく、家庭で授業の続きができるようにしておかなければならない。

休校中に身に付いた家庭学習の習慣を無駄にしないことも大切である。そのためにも、ICTを上手に活用しながら、シームレスでハイブリッドな学習を進めていかなければならないと考えている。

そうした観点から、以前紹介した、学校でも家庭でもシームレスに活用できる教育用グループウエア「スタディノート10」(シャープマーケティングジャパン)は、分散登校が終わった後、通常登校になっても利用している。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。