【教室には愛がいっぱい(8)】「あそび教室」恒例のイベント

いもいも講師 薄田 京子
この連載の一覧
教室には愛がいっぱい


いもいもには、本当に多様な子供が通っています。考えることが大好きな子、おしゃべりが好きな子、勉強が得意な子や苦手な子、学校に行けていない子。そうした子供たちに対し、私たちいもいもスタッフが教室で何かを求めることはありません。

私たちスタッフは、子供たちが「ありのままでいいんだ」と感じられるための空間をつくり出し、自発的に「こんなことをやってみたい」という気持ちを引き出す手伝いをしているのです。それだけで、子供たちは主体的にいろいろなことを学び、私たちが何も言わなくても、良い方向にどんどん進んでいきます。

私が担当する「あそび教室」にある日、料理が得意な子が大きなバッグを持ってやって来ました。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。