【学校保健のミッション(8)】予防へのやる気を高める環境づくり

埼玉大学教育学部教授 戸部 秀之
この連載の一覧
コロナ禍の子供に寄り添う 学校保健のミッション


私は、学校における新型コロナ対策の主軸は「小まめな手洗い」だと考えています。

児童生徒が「しっかり洗うことの大切さを理解して」「しっかりした洗い方で」手を洗うことが大切です。全国一斉休校のときは、学校で指導する余裕がほとんどないまま休校になってしまいましたが、私たちの中学生へのアンケートによると、休校に入った後、子供たちの新型コロナへの予防意識は向上していました。

それでも、中には手洗いの意義や有効性を十分に理解していない子供も見受けられます。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。