【世界の学校、世界の潮流(4)】生徒と学校が意見を交わすための機関

Demo代表・教育ファシリテーター 武田 緑
この連載の一覧
世界の学校、世界の潮流


スウェーデンの首都・ストックホルム郊外の基礎学校(小中学校)を訪ねた時、子どもたちが生徒会(Student Council)と給食協議会(Food Council)について説明してくれました。これらはいずれも、生徒側と学校側が学校生活に関して意見を交わすための機関。基本的には学級ごとの代表が集まり、さらにその代表者が学校側と話し合うスタイルがとられています。

例えば生徒会ではこんな意見を出しながら議論するのだそうです。

「時計が小さくて見えないから困ってる。どうにかならない?」……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。