【Withコロナから見たGIGAスクール構想(10)】新型コロナを経験した子供たちが描く未来

埼玉県川越市立新宿小学校教諭 鈴谷 大輔
この連載の一覧
Withコロナから見たGIGAスクール構想


グローバル化や情報化などが急速に進展し、未来の変化を予測するのが困難な時代だからこそ、学校教育においては子供たちに未曽有の変化を乗り越え、他者と協働しながら課題を解決し、未来を切り開く力を身に付けることが強く求められています。

今回の一斉休校は、まさに「変化を予測することが困難」な事例でした。学校現場では、会うことのできない子供たちに何ができるかを試行錯誤しながら、ICTをフル活用した取り組みを行うところが出てきました。

さまざまな取り組みを進める中、実際にやってみて分かったことは、慣れるまでに時間を要したり不安に感じたりするのは私たち教員の方であって、子供たちは実に前向きにチャレンジする様子があったことです。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。