【学校保健のミッション(10)】「生きる力」につなげるコロナ禍の教育

埼玉大学教育学部教授 戸部 秀之
この連載の一覧
コロナ禍の子供に寄り添う 学校保健のミッション


10回の連載を通して、子供の心身の健康や発達、そして学びを視座に考えてきました。連載の大きなテーマにもある「学校保健のミッション」とも関連付けながら、振り返ってみましょう。

まず、全国の学校で行われた新型コロナ対策のための長期の臨時休校の中で、子供たちの心身にはどのような問題が生じ、その後も継続しているのかについて見てきました。子供たちの不安や願いにも触れました。子供の実態を明らかにして記録に残すこと、そして、子供の声に耳を傾け寄り添うことが大切です。

また、Withコロナの学校と学びについて、感染予防対策の考え方を「徹底」から「調和」を重視する考え方へとシフトしていくことの必要性を述べました。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。