【社会をつくり出す武器としての言語活動(3)】創発を生み出す中動態的な授業づくり

自由学園男子部教諭 高野 慎太郎
この連載の一覧
社会をつくり出す武器としての言語活動


前回は「中動態的な授業づくり」を提案した。今回は「中動態的な授業づくり」によって可能となる「創発」について考えたい。

まず「創発」(emergence)とは何か。差し当たりの定義として「参加者の相互作用によって、不確定な領域へと文脈が切り替わること」を「創発」と考えたい。

定義中の「参加者の相互作用」とは、前回説明した「中動態」や「中動態的な主体性」を指す。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。