【学校×スマホ(4)】スマホネイティブ2世

兵庫県立大学准教授、学校における携帯電話の取扱い等に関する有識者会議座長 竹内 和雄
この連載の一覧
学校×スマホ 持ち込みルール改正をきっかけに


グラフは内閣府の調査です。一見して分かる通り、インターネットの利用率は、年齢とともに上昇します。しかし、2017(平成29)年の「4歳」の利用率が39.7%で、「5歳」の36.8%を3%近く上回っています。単なる「誤差」で片付ければ話は簡単ですが、果たして本当にそうなのか――学生たちとゼミの時間にじっくり議論してみました。

調査結果をさらに細かく見ると、「3歳」も35.8%と、「5歳」に肉薄しています。「2歳」も28.2%です。幼稚園入園前の子供が、これだけ利用している状況は、過去に類を見ません。つまり、平成29年度調査の「4歳」以下は、何らかの理由で変化が起きていると捉える必要があります。

学生たちの見立ては、「高校生・大学生の頃から、スマホを使いこなしてきた『スマホネイティブ』世代が、母親になり始めているのではないか」というものです。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。