【社会をつくり出す武器としての言語活動(10)】人権が語り落とすもの①

自由学園男子部教諭 高野 慎太郎
この連載の一覧
社会をつくり出す武器としての言語活動
2020年5月25日、米国で黒人男性のジョージ・フロイドさんが警察官から暴行を受けて死亡する事件が起きた。その時期、授業ではコロナ禍について扱っており、「言葉が語り落とす文脈」について議論をしていた。事件を受けて、生徒から「『人権』という言葉が語り落とす文脈は何か」と質問が寄せられた。


そのため、コロナ禍の単元が一段落した後、「人権が語り落とすもの」という単元を行った。授業は、私が事前に集めておくよう生徒たちに指示した米国の人権運動や人種差別問題に関する資料の検討から始めた。フロイド事件に関する新聞記事やニュース映像、米国に暮らす日系人のインタビュー映像、関連する音楽や映画などが集まった。

検討過程で焦点となったのは、米国における警察の捉え方である。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。