【学テの再検証とCBT化の行方(4)】指導改善に使えるのか

福岡教育大学准教授 川口俊明
この連載の一覧
 ・全国学力テストの再検証とCBT化の行方
現在、全国学力テストは対象学年全員を対象に、全員が全く同じテストを受験する悉皆調査で実施されています。日本全体の学力を把握するだけなら、数千人を標本抽出すれば十分なのですが、全ての教育委員会や学校において「指導改善に利用する」という理由で、この実施方法が正当化されてきました。

残念ながら、テストを「指導のために使う」という発想こそ、全国学力テストの失敗を招いた主因の1つです。おそらくテストを指導に活用しようと考える人の頭の中には、教室で行う確認テストのイメージがあるのだと思います。ここでいう確認テストとは、学習の成果を確認するためのテストのことで、最終的に全員が満点を取ることが好ましく、また全員が同じテストを受験することが前提となったテストのことです。

あいにく政策の効果を調べたり、全国の学力実態を把握したりしようと思うと、こうした確認テストの特性は裏目に出ます。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。