【写話から浮かび上がる子供(5)】体を動かす楽しさ

博報堂教育財団こども研究所
この連載の一覧
 ・写話調査では、好きなスポーツについての写真を撮ってきてくれる子供たちが多い。特に、サッカーはどの地域でも人気で、必ず話題に上がってくる。東京都中野区のAさんは、水曜日と金曜日は学童保育のプログラムでサッカーを選択し、木曜日は学校のクラブで練習があり、土曜日はクラブチームで朝練習があるという。勉強だけでなく、スポーツも多忙かつマルチにこなしている。「2011年にワールドカップで女子が優勝したじゃん。そのビデオをパパが買って来てくれて、何回も見てる」とのことだ。


 一方で、一般的なスポーツには分類されないような「体を動かす楽しみ」を発見している子供もいる。広島県江田島市のA君は、「一番自分らしい写真」を聞くと、ペットボトルのキャップだと答えてくれた。A君の特技はペットボトルのキャップ投げ。ペットボトルのキャップを指ではじくようにして回転させて投げ、狙った的に当てるという遊びだ。実演してくれたのだが、得意気に投げ方を使い分ける姿がなんともほほ笑ましい。YouTubeで京都大学キャップ投げ倶楽部の動画を見たことがきっかけで、やってみてハマったという。「運動神経がなくてスポーツは全然できないです」と言うA君だが、「下半身はダメで足は遅いけど、肩はまあまあ強い」そうだ。キャップ投げを選んだのは、自分の強い肩を生かして得意技をつくりたかったこともあるのかもしれない。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。