【コロナ禍の学校を支えるアンガーマネジメント(7)】児童生徒への対応~上手に叱ることの必要性~

川上淳子 Edu Support Office代表

この連載の一覧

 2016年に小学校教員を退職した後も、私は学校教育に関する情報に注目しています。「GIGAスクール構想」の実現に目を見張る一方、心を痛める情報も多くあります。20年度における小中高校生の自殺者数は過去最多の415人。いじめ、暴力行為、不登校などの報道に、教員の指導が難しい時代だと感じています。強く指導すれば、子供たちが反発したり絶望的になったりして、先生の願いが通じず、心が折れることも多いのではないでしょうか。そうかといってきちんと指導をしなければ、問題が深刻化・複雑化したり、状況が悪化したりすることもあるでしょう。

 一般社団法人日本アンガーマネジメント協会では「怒る」と「叱る」を区別せず、「怒る=叱る」と考えています。ここ一週間を振り返って、叱った事例を思い出してメモしてみてください。どのような出来事について、どのような言葉で叱り、その時にどのような態度を取っていましたか。

 「叱る」を辞書で引くと、「目下の者の言動のよくない点などを指摘して、強くとがめる」(goo辞書)と記載されていますが、当協会ではこれを内容と技術の2つで再定義しています。

 内容は「主:リクエスト、副:私の気持ち」。

 技術は「練習で上達するもの、理論+テクニック」。

 このことを理解し、実践することで、誰でも上手な叱り方を身に付けることができます。上手な叱り方は次の通りです。

【基準】

・叱るときの基準が明確であること

・叱るときの基準の納得性が高いこと

【リクエスト】

・リクエストが具体的で明確であること

・行動に移した時の評価ができること

【表現】

・穏当な表現、態度、言葉遣いであること

・相手を責めないこと

 上手な叱り方について学んだ時、私は自分の過去の叱り方を思い起こして赤面しました。やっていたのは上手な叱り方の真逆ばかり。とがめるだけで恐怖心を与えてばかりの先生でした。

 さて、メモされた事例に「基準」「リクエスト」が入っていましたか。穏当な表現でしたか。例えば、提出物が遅れがちな子供には「〇月〇日の朝の会まで」と期日を明示すると、提出できたかどうかの評価ができます。穏やかな口調や言葉遣いで伝えることも心掛けてください。

 先生方の周りには叱り上手な人はいませんか。その人の様子を観察し、まねをすることで叱り上手になれます。また、つい口にしがちな言い方をやめてみる、トーンを変えてみる、機関銃のような早口で話をしないなど、どれが効果的かを一つずつ試し、叱り上手な先生になってください。教師の努力で子供たちの行動は見違えるほど変容していきます。

この連載の一覧

あなたへのお薦め

 
特集