【その指導は、しない(1)】「学校の当たり前」を問い直す

めがね旦那 公立小学校教諭

この連載の一覧

 このたび、教育新聞という名誉ある場で連載を書かせてもらうことになりました「めがね旦那」です。今回は第1回ということで自己紹介をします。

 この新聞を読まれている皆さんはTwitterをご存じでしょうか。Twitterでは、全国の教育に関心のある方々が、毎日教育に関するさまざまな投稿をされています。僕は3児の父なのですが、3人目が生まれたときに夫婦で育休を1年間取得しました。現場から1年間離れることもあり、教育への関心が薄れてしまわないかと不安になったので、Twitterで教育の情報を得ようと始めたことがキッカケでした。

 もともと教育のことを考えるのは好きでした。僕は「日本で一番自由な学校」と呼ばれている「きのくに子どもの村学園」の卒業生です。今ではオルタナティブスクールという言葉も存在しますが、僕が通っていた当時は「学校に不適応を起こした子どもが通う施設」という誤解もありました。きのくにの教育についてはさまざまなメディアで取り上げられているのでここでは割愛しますが、僕の「学校の当たり前」にとらわれない型破りな教育哲学の数々は、この生い立ちも関係しているはずです。

 僕の教育への関心事は多岐にわたりますが、その根底に流れるものはいつも同じです。それは「学校で苦しんでいる子どもを一人でも少なくしたい」との思いです。僕は学校が大好きな子どもでした。大人になっても学校に通うために、学校の先生を職業として選んだくらいです。

 しかし、全国には「みんなと同じように学校へ通いたいのに、通うことができない子」が何万人もいます。もちろん、学校へ通うことのみが正解ではないでしょう。教育は地域の公立学校だけのものではありません。しかし、多くの子どもにはそこまで選択肢がありません。多様な選択肢を持つ子どもは、極々一部に限られているのが現状です。

 学校にはさまざまな「当たり前」が存在します。「授業の始まりにはあいさつをしなければならない」「授業中に水分を取ってはならない」「話すことがあるときは手を上げる」「悪いことをしたら先生に怒鳴られても仕方ない」…。それぞれの教育的意義を探せばきっと見つかるのでしょう。教育とは多義的であり、それが教育の魅力でもあります。しかし、こうした「学校の当たり前」によって子どもが苦しめられてもいいのでしょうか。子どもには選択肢がありません。学校に通わないということさえ選択できずに、毎日苦悩しながらギリギリの気持ちで学校へ通っている子どもだっています。

 当たり前だからと思考停止せずに、自身の教育観を少しずつアップデートできるようなコラムにしていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

この連載の一覧

【プロフィール】

めがね旦那(めがねだんな) 育休中に始めたTwitterで自身の教育に対する考え方を発信したところ、半年弱でフォロワーが2万人を超える。現在はフォロワーが3.7万人と小学校教員ではトップクラス。Twitterでの発信内容は「学校の当たり前を疑う」であり、その内容を書籍化した『その指導は、しない』も各方面へ大きな反響があった。「きのくに子どもの村学園」という日本では歴史あるオルタナティブスクールの出身。型にはまらない価値観から、新しい教育実践を提案している。学級担任のみならず、特別支援学級主任兼コーディネーター、理科専科、算数習熟度別指導担当などさまざまなポジションを経験しており、その実践の幅は今も広がり続けている。3児の父。妻も小学校教員。

あなたへのお薦め

 
特集