【GIGAを徹底的に使い倒す(3)】思考・表現のツールとして使う

為田裕行 フューチャーインスティテュート株式会社代表取締役

この連載の一覧

 弊社は、ICT導入のアドバイザー業務や教員研修の設計・実施などをしていますが、自分たちで授業をする機会も数多くいただいています。そのうちの一つとして、私は淑徳小学校(東京都板橋区)の放課後クラブ 「淑徳アルファ」で、コンピューターを使ってさまざまな活動を行う授業「カズトロジー」を毎週、1年生から3年生まで実施しています。

一人一人が自分なりの方法で表現している様子を共有できる

 同校では2021年10月26日に、3年生が遠足で所沢航空記念公園へ行きました。「淑徳アルファ」は放課後クラブの時間でやっているので、この日の3年生は遠足から帰って来てすぐに、コンピューター教室へやって来ました。

 そうした状況だったので、子どもたちにスクールタクトを使って「遠足の感想」を書いてもらうことにしました。遠足から帰って来てすぐに感想を書くのが、一番印象や感想もフレッシュです。感じたことをすぐにデジタルにまとめてみることを体験してもらいたいと思いました。

 子どもたちは、さまざまな形式で遠足の感想をまとめてくれました。原稿用紙に時系列で書くのとは違い、感想のパーツがたくさん出てきているような感じになりましたが、一人一人が自分なりに遠足のことをまとめてくれました。

 「こういう形式で書いてほしい」とフォーマットを決めていなかったのですが、授業の中でシンキングツールを何度か使ったことがあるからか、あるいは国語などの授業で似た形式の思考を学んだことがあるからか、構造的に考えている子もいました。こうして、さまざまな方法で思考を形にする機会を持てるようになればいいと考えています。

 また、鉛筆で書くときに比べて、何度も文章を書き直したり、書き足したりする子も多いであろうと思います。こうして試行錯誤を繰り返せることも、ICTを導入することの良さと言えます。

 中には「絵でもいい?」と聞いてくる子もいました。「遠足に行っていない私にも分かるように描いてくれるのなら、絵でもいいよ」と答えると、ページを増やしてストーリー仕立てにし、どんなことが遠足であったのかを教えてくれた子どももいました。

 このように、ICTを活用することで、文字だけでなくより幅広い表現ができるようになります。同校には1人1台のiPadがあるので、自分たちで撮影した写真を入れることもすぐできるようになりました。

この連載の一覧

あなたへのお薦め

 
特集