【コレ!から始めるプログラミング教育 (10)】先生の負担を軽減するプログラミング教材

岡田哲郎 キッズ・プログラミング教室KIDSPRO 代表

この連載の一覧

 プログラミングを習いたいという需要は、幼児まで低年齢化している。「さすがに幼児には難しいのでは…」と思うかもしれないが、そうでもない。ScratchJr(スクラッチジュニア)、Viscuit(ビスケット)、Springin’(スプリンギン)、レゴSPIKEベーシックなど、対象年齢が4~5歳からのプログラミング教材もたくさんある。子供に「プログラミングを習いたい」という気持ちがあることが前提条件だが、教材をうまく利用すれば、幼児でもプログラミングを学ぶことができる。

 「学ぶには早過ぎるから、もう少し大きくなってからやろう」などと大人が学びを制限してしまうと、数年後には全く興味を失ってしまうのが子供だ。私の息子が小学4年生ぐらいの時、「Flashアニメを作りたい」と頼まれたが、当時の私には知識も時間もなく、教えることができなかった。結果として、18歳になった息子はFlashアニメへの興味を失ってしまっている。子供の学習意欲を育むには、子供が学びたいタイミングに、できる限りすぐに応える必要がある。

 ただし、幼児向けのプログラミング教材をただ与えるだけでは、子供はプログラミング教材を使いこなすことができず、すぐに飽きてしまうだろう。書籍やYouTubeなどを見て、自分一人で学習できる子もいるかもしれないが、基本的にプログラミング学習の初期の段階では、教師の指導やサポートが必要だ。幼児の場合には、より丁寧な指導が求められる。

 私は、幼稚園や保育所からの「プログラミングを教えたい」という要望を受け、先生の負担を大幅に軽減するプログラミング教材「eJrプログラミング」を開発している。使用するプログラミング言語はScratchJrだ。日本語版は2022年4月に完成し、英語版は22年の夏にリリース予定だ。

 今回の開発において最も重視しているのは、「子供たちが楽しく学べる」ことだ。宇宙、旅行、ダンス、乗り物、昔話、アニメーション、ゲームなど、子供たちが興味のある題材でプログラミングできるようにしている。全36レッスン(合計1200分)+15テスト問題と解説(120問)+36教師用ガイドで構成され、週1回の授業でも3年間しっかりと学べる。

 現存するプログラミング教材は1年程度で完結するものが多いが、週1回の授業を1年間続けただけでプログラミングはマスターできない。一部の子供は短期間の指導がきっかけとなり、一人でプログラミングを学び始めるかもしれないが、ほとんどの子供には年齢やレベルごとに、できるだけ多くの教材が必要だ。

 今後も教室でプログラミングの指導を続けながら、学校やプログラミング教室でも利用できる教材を作っていきたい。

 (おわり)

この連載の一覧

あなたへのお薦め

 
特集