漫才づくりが教育を変える(6)キャラと仁