北欧の教育に関心を持つ者の交流の場として2004年に始まったのが、われわれ「北欧教育研究会」。研究者や学生だけでなく、主婦、ビジネスパーソンなど、多様なメンバーが集まってファンクラブのような雰囲気で勉強会を重ねてきた。今春、そのメンバーのうち3人が子供連れでスウェーデンのウプサラ大学に赴任したのを機に、この連載を始めることになった。信州大学准教授の林寛平、金沢大学准教授の本所恵、ウプサラ大学客員研究員の中田麗子を中心に、現地の教育、子育て支援など最新ニュースをお伝えする。
■2030年までに現金がなくなる
スウェーデンではキャッシュレス化が急速に進展している。紙幣と硬貨の流通量は5年前に比べて35%減少していて、2030年までには現金が消滅するという予測もある。 中央銀行にあたるスウェーデン国立銀行の調査によると、スーパーなどでの現金による支払いは2010年には全体の40%を占めていたが、16年には15%まで減少している。また、過去1カ月のうちに現金での支払いや預け入れで困った経験があると回答した消費者は97%に上った。 私自身、ウプサラに引っ越して4カ月がたつが、これまで現金を一度も使っていない。……

武蔵野学院大学国際コミュニケーション学部・上松恵理子准教授

国際競争力ランキング1位のスイスは、物価も高いが、それに比例して国民の収入や生活水準も高い。このように経済の強い国を構築できた背景には、教育も関係している。 スイスでは中等教育後、8割は専門学校に入り就職をする。高等教育に進むのはたった2割だ。一斉入試や一斉就職がないから、就職後に大学や大学院に入るチャンスがいくらでもある。 例えば、プログラミングが好きな子供は専門学校を卒業後に大学に進学することも可能だ。……

元東京都日野市立小学校長 京極澄子

 「視覚化」は、視覚、感覚、動作を入り口にして、考えられるようにする工夫です。理解を妨げる「見えにくいものを、見えるようにする」のです。  言葉の意味が分かるように写真を提示する、書かれている内容が分かるように動作化する、資料を活用する、「授業展開」「子供の発言」が分かる構造的な板書をする――。こうすることによって、学習の理解が進みます。  授業はつながりの中で理解を図りますから、記憶が苦手な子や、理解がゆっくりな子のためにも、分かりやすい板書は重要になります。……

 本校は、愛知県で最も西に位置する中学校だ。学区を縦断するように木曽川が流れ、はるか西には養老の山脈を望む田園地帯の中にある。主な産業は農業で、レンコン、イチゴ、トマトや花卉(かき)などの施設園芸が盛んな地域である。住民のコミュニティーが堅固で、学校に対する協力も絶大である。豊かな自然に囲まれ、ランニングコースや剣道場を併設する広々とした体育館や、50メートルプールなど恵まれた施設のなかで、毎日熱心に学習や運動に励む生徒の姿が見られる。  現在、生徒数は193人(通常学級6、特別支援学級2)。今後、さらに生徒数が減少する見込みであり、深刻な問題となっている。……

立命館大学教授 湯浅俊彦

 関西創価高校は、将来、国際的に活躍できるグローバルリーダーの育成を図ることを目的とする「スーパーグローバルハイスクール」(SGH)の指定校に2015年に選出されました。「教科で習得した学びを課題解決に役立てている」との高い評価を得て、SGH56校の最高評価を獲得しています。  電子図書館サービスを導入した理由について、硲口浩美司書は「英語の資料をいつでもどこでも読むことができる」点を挙げます。英語の多読用資料、検定本(英検)、文学作品は特に生徒の利用が多いとのことでした。  プラン・インターナショナルが主催する国際的なコンクールで、次世代を担う中高生が、読書を通じて過酷な環境に置かれている女の子や女性たちの声を発信する機会となるよう開催される「夏休み読書感想文コンクール」(後援・文科省、外務省ほか)では、関西創価中学校の生徒たちが挑戦し、学校賞や個人の最優秀賞などで入賞しています。……

武蔵野学院大学国際コミュニケーション学部・上松恵理子准教授

ドバイはアラブ首長国連邦の中にある首長国の一つだ。国家予算の4分の1を教育に支出した年もあるほど、教育に力を入れている。公立であれば大学まで授業料は無料で、高3の女子の9割、男子の8割以上が高等教育へ進む。 政府が推進した「スマートラーニング」により、2017年までに全ての初等中等公立学校でタブレット端末などの1人1台の環境が整った。教師は全生徒とその保護者とネット上でコミュニケーションをとることで、授業参観や個人面談、保護者面談が全て無くなったそうだ。 原油算出量は、周辺の国と比べてごくわずかだ。それゆえ国策として経済を重視した。……

元東京都日野市立小学校長 京極澄子

「分かるようになりたい、できるようになりたい。活躍したい」。これは全ての子供たちの願いです。でも、頑張ってもその願いがかなわなければ、意欲は低下し、学力も伸びません。 学びにくさのある子供たちにみられるバリアーには、読み、書き、計算の苦手さをはじめ、次のようなものがあります。 それは、▽理解のゆっくりさ▽学習の仕方の違い(話すのは得意だが書くのが苦手)▽イメージすることの苦手さ▽曖昧なものへの弱さ(狙いがはっきり示されない授業)▽複数並行作業の苦手さ(聞きながら書くなど同時に複数のことを行う)▽認知の偏り(視覚、聴覚)▽記憶の苦手さ▽定着の不安定さ▽抽象化の弱さ▽般化の弱さ――などのハードルです。……

立命館大学教授 湯浅俊彦

関西創価高校は2017年4月、関西地区の高校では初めて電子図書館サービス「LibrariE」を導入し、「Man'yo Digital Library」として1055人の生徒に電子書籍を提供しています。 筆者は、18年6月に関西創価中・高校「万葉図書館」の硲口浩美司書にインタビュー調査をお願いし、詳しい話を聞くことができました。 同高校のクラス編成は1~3学年でそれぞれ8クラス約45人ずつ、男女比はほぼ同率。……

;世界各国の教育を調査研究してきた、武蔵野学院大学国際コミュニケーション学部の上松恵理子准教授によるニュージーランドリポートの最終回。ニュージーランドの教員の働き方や、何歳になっても学び直しができるリカレント教育の保障とは――。

教務もクラウドで情報化 教員研修はSNSも活用

■教えることに専念できる教員
ニュージーランドでは、ITによって教員の負担も軽減されている。まず、学校の連絡や学級通信が紙媒体で届けられることは無い。保護者と教員とのやりとりも、ネットを介すか対面でのやりとりのみである。 児童は端末を使って自分のアカウントでログインし、学校から配信される1日20通ほどのメールに対応している。授業の映像は保護者が閲覧できるようになっており、授業参観の回数も減ったという。また、ニュージーランドのPTAはPAとなっている。Tである教員は、教えることに専念することが必要という理由で変わったのだ。
■SNSを活用した自主的な教員研修
教員は新しい教科に対応するために、最低週1回研修を受ける。……

武蔵野学院大学国際コミュニケーション学部・上松恵理子准教授

韓国の学校体系は日本と同じ6-3-3制(小・中・高)である。大きく違う点は飛び級制度が導入されている点である。教育に対して非常に関心が高く、大学進学率も高い。 2010年に韓国では、「デジタル教科書常用化推進計画」が発表された。翌年には「スマート教育推進戦略」が発表され、教育方法を劇的に変化させるツールとしてデジタル教科書が学校で使われ始めた。当時から既に、デジタル教科書は学生用と教師用の電子著作物だと定義付けられていた。 デジタル教科書は、マルチメディアと統合し、インタラクティブな機能を目指している。……

公式SNS

16,250ファンいいね
0フォロワーフォロー