インフルエンザ・ノロウイルスなど、感染症が流行しやすい学校現場――。この時期は感染症対策が急務となっています。 今回は、感染症の基礎知識と予防・対策を特集する。国の取り組みや対策方針を紹介するほか、専門家がウイルスや危機管理の基礎知識を解説。学校現場で取り組むべき衛生管理や健康教育について、最前線で働く養護教諭の事例も紹介。

むし歯予防と生活習慣の大切さを児童に伝える出張授業「2017年度『学校プログラム』楽しく学ぼう!歯の健康づくり講座」がこのほど、埼玉県杉戸町立高野台小学校(佐藤茂校長、児童数337人)で開催された。(公財)日本学校保健会が企画・監修/共催し、(株)ロッテが協力。同校の5年生児童60人が、45分の授業を受けた。

今回の視察会では、事故のあった福島第一原子力発電所構内の作業状況を実際に見学するとともに、被災地の小学校の校長との意見交換を行った。

「産業交響曲(シンフォニー) ~轟け! 秋田の大地から~」をテーマに、第27回全国産業教育フェア秋田大会(さんフェア秋田2017)が10月21、22の両日、秋田市で開催される。

新学習指導要領が3月に告示され、今後は「特別の教科 道徳」の教科化、小学校英語の教科化、小学校でのプログラミング教育必修化など、新たな動きが展開されていく。

小学生が、世界各国出身のキャンプリーダーたちと英語でのコミュニケーションに挑戦しながら、生活を共にし、国際理解を深める「イングリッシュ・イマージョン・キャンプ(EIC)2017」(公文教育研究会主催)が滋賀県守山市と静岡県河津町で開催された。

7月17日は「海の日」。「海に親しむ」ことから始まり、「海を知る」ことで海への関心を高め、さらに海と人との共生のために「海を利用」しながら「海を守る」ことの大切さを学ぶ海洋教育について、鈴木大地スポーツ庁長官や東大海洋アライアンスのキーパーソンに話を聞いた。各団体の取り組みも紹介。

中教審初等中等教育分科会の教育課程部会、教育課程企画特別部会、総則・評価特別部会など、数々の部会の委員として学習指導要領の改訂に携わった奈須正裕上智大学教授が、『「資質・能力」と学びのメカニズム』を上梓した。新学習指導要領の「資質・能力」論を理解するためのポイントなどを、体系的に、明瞭に解説している。同教授に聞いた。

学校給食、食育に関する最新情報を集約!!チェックしておくべき情報が盛りだくさん。安全・安心な学校給食のための想定すべきリスクについて。学校給食施設の取り組み事例。文部科学省のスーパー食育スクール事業の委託校の実践ーーなど。

大塚製薬(株)はこのほど、「部活動における熱中症予防・パフォーマンス向上と水分補給」をテーマに、白鵬女子高校(横浜市/佐藤恭子校長)で、運動部に所属している生徒約250人を対象に講座を行った。

公式SNS

14,323ファンいいね
41,375フォロワーフォロー