本格的な夏を前に注意喚起!!『熱中症対策特集』

夏本番を前に、学校管理下で熱中症による事故を発生させないよう、各方面から注意喚起のポイントや具体的な取り組みなどを取りまとめた。

熱中症事故の防止について 教育関係者の皆様へのお願い

文部科学省初等中等教育局健康教育・食育課専門官 高橋 裕子

学校管理下での熱中症の発生状況については、2017年度に独立行政法人日本スポーツ振興センター(JSC)が行った災害共済給付の支給状況を見ると、熱中症に伴う医療費の支給が速報値で4940件ありました。15年度は4452件、16年度は4694件であり、近年増加傾向にあります。熱中症に起因する死亡事故も依然として発生しています。

その多くは体育・スポーツ活動中に発生していますが、運動部活動以外の部活動や、屋内での授業中においても発生しており、また、暑くなり始めや急に暑くなる日などの体がまだ暑さに慣れていない時期、それほど高くない気温(25~30度)でも湿度等その他の条件により熱中症事故が発生していることを踏まえて、熱中症事故の防止のために適切な措置を講じることが必要です。

熱中症は、活動前に適切な水分補給を行うとともに、必要に応じて水分や塩分の補給ができる環境を整え、活動中や終了後にも適宜補給を行うこと等の適切な措置を講ずれば、十分防ぐことが可能です。熱中症の疑いのある症状が見られた場合には、早期に水分・塩分補給、体温の冷却、病院への搬送等適切な処置を行うことが必要です。

こうした対応を学校において確実に行うためには、常日頃から各学校の実情に応じて学校安全に関する組織的な取り組みや教職員の資質・能力の向上等にしっかりと取り組んでいることが重要です。

具体的には、学校安全計画を策定し、年間を通じた安全教育・安全管理・組織活動を計画的に進めるとともに、学校・地域の実情に応じて事故や事件等が発生した際の対応要領である危機管理マニュアルを策定すること、そして、それらを全教職員が把握するとともに適宜訓練等を行い、必要に応じて最新の状態に見直すことで、事件・事故を予防し、発生時には迅速・適切に対応できるようにしておくことです。

学校における熱中症予防については、「学校における体育活動中の事故防止のための映像資料」(2014年3月文部科学省)、「『体育活動における熱中症予防』調査研究報告書」「熱中症を予防しよう―知って防ごう熱中症―」(14年3月JSC)、「学校の危機管理マニュアル作成の手引」(18年2月文部科学省)、「熱中症環境保健マニュアル」(18年3月改訂環境省)などの参考資料があります。

また、各地域における熱中症の危険性については、環境省の熱中症予防情報サイトで暑さ指数が公開されており、気象情報に関する民間サービスも充実しており、インターネット等を通じて比較的容易に情報が収集できます。5月や6月でも、急に気温が上がる日や、湿度の高い日もありますので、教員や指導者においては、活動日や活動時間における気象状況を適切に把握しておくことが必要であり、このようなツールも積極的に活用していただきたいと思います。

また、児童生徒等には体格や体力の差があり、日によって体調が異なる場合もあるため、各児童生徒等の個別の状態の把握に努める必要があります。また、事前に問題がなかったとしても、児童生徒等が実際に不調を感じた際にはその旨を申告することや、他の児童生徒等の不調に気づいた場合にはすぐに教員に伝えるようにすることなど、教職員が児童生徒等の体調変化に気付きやすい環境を作っていくことが重要です。

そして、万一重篤な事故が発生してしまった場合には、組織的に迅速かつ適切に対応するとともに、応急的な対応が終了した後は、適切な原因究明・検証により事実を明らかにし、再発防止につなげていかなければなりません。事故発生後の対応については2016年3月に文部科学省の有識者会議で取りまとめられた「学校事故対応に関する指針」を踏まえ、しっかりと取り組んでいただきたいと思います。

繰り返しになりますが、熱中症の発生は、気象条件等から予測しやすく、正しい知識を身に付け、適切に予防することで、未然に防ぐことが可能です。また、熱中症の疑いのある症状が見られた場合にも、早期の措置を取ることで、重症化を防ぐことができます。各学校・教育委員会等におかれては、これらの留意点や参考資料、各地域の気象情報等を踏まえて、これからの季節に備え、熱中症予防について十分な準備と対応をお願いします。

熱中症の注意喚起指導

静岡市立城内中学校 養護教諭 戸塚 豊子

〇事前準備―対応グッズと対応マニュアルうちわの配布

すでに6月に入っていますが、5月中旬以降は小学校で運動会が実施されたり、中学校では中体連の活動にもいよいよ熱が入ってきたりします。静岡市は、湿度が高いため、熱中症になりやすい環境下にあります。また5月でも時折夏日を記録することもあります。暑さに体が慣れていないこの時期こそ、注意喚起が必要と考えています。

写真(1)

本格的な熱中症の時期を迎える前に、保健室では「熱中症対応グッズ」の点検を行い、物品の過不足を補います。保健室に備えている対応グッズは、タオル、瞬間冷却材、ペットボトル(持ち出し時に水を入れて行けば、水道のないところでも対応できる)、経口補水液、うちわ(処置マニュアル)、体温計、使い捨て手袋、緊急事故記録用紙などで、持ち出しの利便性を考え手付きの籠に入れて、救急処置台付近に準備してあります(写真(1))。

前年度、サッカー部の活動中に熱中症と思われる生徒が保健室に運ばれてきました。その際、来校した保護者が、その時私が使っていたうちわを見て、「このうちわいいですね。サッカー部にもらえませんか」と言われました。このうちわの両面には「処置マニュアル」が貼ってあります。今年はこのうちわを全部活動に配布しました。土日曜日の部活動や夏の大会の折にも、生徒だけでなく顧問の教師や保護者にとっても心強いグッズになりそうです(写真(2))

写真(2)
〇事前指導と日常の取り組み

本校では、毎月の保健目標や健康情報を保健だよりに掲載していますが、その保健だよりを使って、学級担任や各学級の生徒保健委員が解説を加える「ミニ保健指導」を行っています。熱中症に関する記事も、解説版を付けて配布することで、指導内容が浸透しやすくなったと思います。

毎日、第4時間目の授業が終了すると、生徒保健委員長が運動場の気温・湿度・WBGTを測定し、その結果を給食時の放送でお知らせしています。委員長も次第に放送に慣れてきて、必ず、一言注意喚起の言葉を入れています。職員室で給食をとっている先生方からも、「今日は意外と湿度が高いな」とか「今日は『警戒』か」という声が聞かれます。この結果は、熱中症関連の資料とともに昇降口に掲示し、生徒の注意を促す資料となっています(写真(3))。

写真(3)
〇クールビズ―6月から9月末

静岡県は温暖な気候で過ごしやすい県と言われています。教室内に冷暖房が設置されている学校は多くありません。静岡市内の学校でも、いよいよ空調設備設置の動きが出てきましたが、今のところ本校では、夏季は各教室の2台の扇風機によりわずかな涼をとっているという現状です。教室のうだるような暑さの中、扇風機だけでは熱中症予防としては十分とは言えません。

そこで、生徒の健康を考慮し、6月から9月末まではクールビズ対応をしています。授業中や休み時間は、体操着、Yシャツ・ブラウス(リボンを外す)と体育用ハーフパンツの服装を認めるようにしています。また、この時期、生徒が持参する飲料は、水・お茶類に加え、スポーツドリンクも推奨しています。

〇運動会開催時期の見直し

前任校は小学校で、運動会も5月末に開催していました。体が暑さに慣れていない時期の開催は、熱中症対策に気を使いました。子供たちに「適宜、水分補給をしなさい」と指導しても、摂取する子もいれば、ほとんど水分をとらない子もいます。そこで、プログラムの中に給水タイムを設け、確実に水分補給ができるようにしました。

本校の運動会は、かつて9月20日ごろの開催でしたが、熱中症対策で開催時期を見直し、10月第1日曜日頃に変更しました。文化祭と運動会を入れ替えたのです。このくらいの時期になると、体は十分暑さには慣れていますし、残暑も落ち着くころですから、熱中症の過度な心配からは解放される感があります。とはいえ、運動会前の練習期間や当日の天候によっては、楽観できません。状況に応じて給水タイムを設けたり、日陰に避難させたりすることは、職員の共通理解のもと実施しています。

◇ ◇ ◇

今日も、保健室の窓からは、活発な掛け声とともに、懸命に部活動に取り組んでいる生徒の姿が見えます。今年は熱中症を発症する子が出ませんように、そう祈りつつ、いざという時のための万全の準備と指導を今後も怠ることなくしていきたいと思います。

今年度版の熱中症教材カード 予防法や対応などをまとめる

(独)日本スポーツ振興センター

(独)日本スポーツ振興センターはこのほど、2018年度版の熱中症教材カードを、「幼稚園・保育所等・小学校低学年」「小学校中学年・高学年」「中学校・高校」の3段階で作成した。熱中症の予防法や、発生してしまった際の対応などを、分かりやすくまとめた。

教材カードは、幼稚園・保育所等・小学校低学年向けの「あついな~とおもったら…」、小学校中学年・高学年向けの「熱中症を予防しよう」、中学校・高校向けの「熱中症は中学生・高校生の部活動中に多く発生しています!/夏が来る前から熱中症は発生しています!」の3種類。

幼稚園・保育所等向けでは、▽帽子をかぶる▽水分補給▽日陰で休む▽気分が悪くなったりしたら、すぐに先生や大人に知らせる――と、外に出る約束事を、ひらがなとイラストで説明。

小学校中学年・高学年向けでは、熱中症予防に加え、熱中症の原因や症状などについてイラストで説明。

また中学校・高校向けでは、部活など運動中の熱中症に注意を促し、「体調が悪いときは、すぐに活動を中止しよう」と呼び掛けている。運動強度や疲労など、発生要因も説明している。

詳細は同センター