小学校は2020年度、中学校は2021年度に次期学習指導要領が全面実施。小・中・高等学校一貫した学びを重視し、外国語能力の向上を図る目標を設定するとともに、国語教育との連携を図り日本語の特徴や言語の豊かさに気付く指導の充実を目指す方向となる。そこで、活用したいのが辞典だ。言葉の意味や語源を調べるのも課題解決へのアプローチのひとつ。積極的な活用や効果的な使い方の指導を考えたいところ。今回は、学習段階に見合った国語・英語関連の辞典を紹介する。

学校給食、食育に関する最新情報を集約!!「おいしい給食」実現のための方策 について各分野の方との座談会。学校給食施設の取り組み事例。 文部科学省の 「社会的課題に対応するための学校給食活用事業」「スーパー食育スクール事業指定校の実践」 などチェックしておくべき情報が満載です。

「グローバルに活躍したい! 大学生がそう思った動機づけとプロセスから、グローバル人材育成を考える」をテーマに、座談会を行った――。

次期学習指導要領に向け「教材整備指針」見直しへ 文科省の教材整備指針を念頭に、適切で計画的な教材整備を検討している先生方や教育関係者も多いだろう。 次期学習指導要領に向けた教材整備指針の見直しや、地方財政措置がなされている「義務教育諸学校における新たな教材整備計画」の現状について、清重隆信文科省大臣官房会計課地方財政室長に聞いた。 【インタビュー】27年度教材整備決算は増額 次期学習指導要領に向けた教材整備の現状と課題 ◇ ◇ ◇ 今そろえたい学習ツール 小学校英語のデジタル教材や算数・理科の指導者用デジタル教科書など、豊かな教育環境を実現するために必要な教材整備の参考になるよう、最新の学習ツールを紹介する。【英 語】 【算 数】 【理 科】 【音楽・和楽器】【武 道】

公式SNS

16,282ファンいいね