考える力育む 知的な充実感を【算数・数学教育特集】

第98回全国算数・数学教育研究大会が8月1日からの5日間、岐阜県岐阜市の長良川国際会議場などで開催。そこで同大会のテーマである「学ぶ充実感のある算数・数学教育」について、日本数学教育学会会長の藤井斉亮同学教授、東京学芸大学附属小金井中学校の柴田翔教諭、同附属小学校の加固希支男教諭が鼎談による鼎談・学者、研究者、実践者から提言をもらった。


 

◎ 鼎談
学ぶ充実感のある算数・数学教育

part1 | part2 | part3


 

◎ 学者、研究者、実践者からの提言

筑波大学人間系准教授 蒔苗直道「知的な喜びや満足を期待」

都留文科大学文学部初等教育学科非常勤講師 滝井章「数学的見方の活用で充実感を」

東京都文京区立第六中学校主幹教諭 岡田春彦「比較・観察の目を教師自身が持つ」

元東京都公立中学校校長 楚阪博「メタ認知を活用し議論する」