「主体的・対話的で深い学び」実現に向けた役割に期待!【学校図書館特集】

3月31日に告示された新学習指導要領。「主体的・対話的で深い学び」の実現が求められている中、学校図書館が果たす役割は大いに期待されるところ。学校図書館の教科との連携、家庭・地域との連携、ICTの活用、司書教諭と学校司書の協働した学校図書館運営など、ヒントになるさまざまな多様な実践事例が盛りだくさん。学校図書館に対する国の施策も分かりやすく解説している。


◎ 国の学校図書館施策を探る。

主権者教育の充実を図る 文科省の学校図書館施策

◎ 「新学習指導要領と学校図書館の役割」をさまざまな立場の人たちが熱く議論。

座談会「学校図書館の活用で新しい学びの姿を」

◎ 新聞を使った課題学習など多様な取り組みをレポート。

【現場ルポ】新聞を使い課題学習など 学校図書館は世界に広がる窓

◎ 重要性をます学校司書の養成についてインタビュー。

【インタビュー】学校司書養成で新講座開設 実践感覚を生かした研修を

◎ ICT活用、司書教諭と学校司書の協働した運営…学校図書館の取り組みを紹介。

図書館ビンゴなど仕掛けを工夫 仙台市立将監小学校

STARTプログラムで生きる力 茨城県立水戸第二高校

読書活動通して全児童生徒に 東京都立墨東特別支援学校

3年間で貸出総数が10倍に 横浜市立駒岡小学校

つながりあって読む力が伸びる 山梨県上野原市立島田小学校

司書教諭がマネジメントし探究へ 静岡県沼津市立静浦小中一貫学校

学校司書と司書教諭が協働 滋賀県東近江市立玉園中学校

各教科での情報活用能力を育成 京都市立唐橋小学校

使うと良いとの実感が後押し 京都市立桂中学校

図書館を学校教育の中心に 広島市立彩が丘小学校

主体的対話的深い学びに図書館 福岡市立西高宮小学校

【訂正】座談会「学校図書館の活用で新しい学びの姿を」のリンクに誤りがありました。(2017.4.28)