国語科における「深い学び」の姿 ことばと学びをひらく会

「ことばと学びをひらく会」(会長・髙木まさき横浜国立大学教授)の第12回研究大会が10月20日、東京都港区の慶應義塾大学で開かれた。テーマは「国語科における『深い学び』の姿とは―具体事例から考える」。教員や教員志望の学生ら約500人が参加した。

シンポジウムでは、「ことばの学びのさまざまな価値―『広い学び』『高い学び』『深い学び』」がテーマ。シンポジストとして鹿毛雅治・慶應義塾大学教授、黒田英津子・静岡県河津町立西小学校校長、甲斐利恵子・東京都港区立赤坂中学校教諭が登壇し、藤森裕治・信州大学教授がコーディネーターを務めた。「深い学びとは何か」「深い学びへの手立て」の2点を中心に議論された。

「深い学び」について、鹿毛教授は「深い学びは『学びの深まり』と理解したほうがよい。……