学校現場のICT活用 子供たちの現実を直視した導入を JAPET&CEC

(一社)日本教育情報化振興会(JAPET&CEC)の教育ICT課題対策部会は12月15日、国際大学グローバル・コミュニケーション・センターで「情報社会を生き抜くためのデジタル時代の教育のあり方と課題~子どものIT端末との付き合い方と学びはどうあるべきか~」をテーマにラウンドテーブルディスカッションを開催した。

 大学の研究者、高校教員、PTA関係者、メディア関係者など多様なパネリストが、ICTを発展的に学びや生活、創作に生かせるスキルが重要になってくることを踏まえて活発に議論した。ファシリテーターは、横浜市立桜台小学校の西尾琢郎校長が務めた。

 法政大学アジア太平洋メディア情報リテラシー教育センターの坂本旬代表は、「今の『情報モラル』教育は安全教育を徹底するあまり、主体的・創造的・生産的活動にICTが使われているかは疑問である。……