途上国での経験を日本の教育に 求められるグローカル教員

(独)国際協力機構(JICA)と全国OV教員・教育研究会はこのほど、「途上国経験をSDGs時代の日本の教育に生かす」をテーマに、第2回全国OV教員・教育研究シンポジウムをJICA関西(兵庫県神戸市)で開催した。OV教員(JICA海外協力隊経験をもつ教員)と2019年度ボランティアとして派遣予定の教員(現職教員特別参加制度2018年度合格者等)らが参加し、JICA海外協力隊経験を日本の教育の中で生かすための実践的な情報の共有と交流がなされた。JICA海外協力隊経験で得られる「人間的な成長と豊かな経験」が次期学習指導要領の考え方や内容と共通点が多く親和性があることに着目し、教育現場におけるJICA海外協力隊経験を持つ教員への今後の期待と役割に関し取材をした。