次世代学校支援モデル構築事業 校務系と学習系の連携

大阪市教育委員会事務局 学校園ICTシニアアドバイザー 山本 圭作

■次世代学校支援システムの在り方を構想

文科省は2016年2月、「2020年代に向けた教育の情報化に関する懇談会」を設置した。教育の情報化に関する施策の検討を行うとともに、第3期教育振興基本計画および次期学習指導要領改訂も視野に入れた検討を行うことが目的。

主な検討事項の一つは、データの効果的活用を通じて、個に応じた学習指導と学級・学校経営を支援する「スマートスクール(仮称)」構想に向けた方策であった。同年7月28日の最終まとめでは、「授業・学習システムと堅牢な校務支援システムを連携させることにより、学習記録データ等を蓄積・分析し、学級・学校経営の見える化を推進。このことにより、教員の業務負担の軽減と教育の質の向上を目指す」とした。

同省は懇談会の最終まとめを受けて、17年度に新規事業として「次世代学校支援モデル構築事業」を予算化し実証事業化を図り全国に公募した。……