ICT研究など72件の助成を決定 (公財)パナソニック教育財団

(公財)パナソニック教育財団(小野元之理事長)は5月31日、第45回実践研究助成の助成金贈呈式を、東京都江東区のパナソニックセンター東京で開催した。

一般助成枠に336件、特別研究指定校枠に19件の申請があり、それぞれ67件(小学校29校、中学校16校、高等学校14校、特別支援学校8校)と5件(小学校1校、中学校3校、高等学校1校)を助成先に決定。学校・団体の代表者に小野理事長が奨励状を贈呈した。一般助成には、1年の研究期間に1件50万円を贈呈。特別研究指定校には、2年の研究期間に1件150万円を贈呈する。

小野理事長は「実践研究助成は子供たちの確かな学力や豊かな人間性を育むことを目的に、ICTを活用した新しい教育方法や教材の開発など、初等中等教育の学校現場の実践的な先生方の研究教育を支援するものである。……