【学校図書館特集】効果的な学校図書館活用を考察 重要施策から活用のヒントまで多数紹介

4月から小学校で新学習指導要領の全面実施が始まり、「主体的・対話的で深い学び」、「社会に開かれた教育課程」、各学校における「カリキュラム・マネジメント」の実現を目指し動き出した。

子供にとっては「学び方を学ぶ」場所、教師にとっては「教え方を学ぶ」場所として大きな役割を果たすのが学校図書館である。

今回の特集では、文部科学省の学校図書館に関する動向や施策、識者からの提言を取り上げ、新学習指導要領の円滑な実施や読解力向上のための学校図書館の役割を考察する。

さらに、学校図書館活用の実践事例として、学校図書館の教科との連携、家庭・地域との連携、校長のリーダーシップ、ICTの活用、新聞活用、司書教諭と学校司書の協働した学校図書館運営など、日ごろのヒントになる多様な事例を紹介する。


第5次学校図書館図書整備5か年計画を中心に進められていく学校図書館に対する国の施策を分かりやすく解説
◯高まる学校図書館の役割 主体的・対話的な学びの推進に向け
「『主体的・対話的で深い学び』を円滑に行うための学校図書館の役割」と「読解力の向上と学校図書館の役割」に関する学校図書館関係者からの提言
◯新指導要領の円滑な実施と読解力向上 大きな役割を果たす学校図書館
学校図書館の教科との連携、家庭・地域との連携、校長のリーダーシップ、ICTの活用、新聞活用、司書教諭と学校司書の協働した学校図書館運営など、ヒントになるさまざまな多様な実践事例をピックアップ。
〇研修の充実で学校図書館の有効活用へ  担当教諭、学校司書らの連携図る 神奈川県大和市教育委員会
〇「校長=学校図書館長」の認識で リーダーシップで活性化を実現 福島県いわき市立菊田小学校
〇主体的に学び合う児童の育成 世の中の動きに興味関心を持つ 栃木県宇都宮市立豊郷中央小学校
〇人と情報がつながる場所に 主体的な学びや創造的な活動を展開 茨城県立水戸工業高等学校
〇「なぜ」に答える学校図書館 主体的な学びを支える 横浜市立軽井沢中学校
〇教職員がチームとなって 読書習慣を付けさせる工夫を 大阪府熊取町立熊取北中学校
〇環境整備で学校図書館が活発化 生徒の読書と学びを支える 神戸市立本多聞中学校
〇連携で広がる学校図書館活用 読書に親しめる工夫を 鳥取県立白兎養護学校
〇学校図書館を身近なものに 「行ってみよう」と思わせる 熊本県美里町立中央小学校
〇「校長は学校図書館長」として リーダーシップで運営に変化 宮崎県都城市立五十市中学校