オンライン授業の可能性と留意点 同時双方向型で反応などを確認

自ら学びのスイッチの駆動を

茨城大学教育学部情報文化課程准教授 小林 祐紀

「機会の平等」がブレーキに

コロナ禍の影響によって休校になった期間中、にわかにオンライン授業の取り組みが求められるようになった。学校外の教育の場に目を向けてみると、すでに民間教育産業の多くで、インターネットを利用した教育の機会が提供されている現状がある。「学びを止めない」というキャッチフレーズのもと、各学校ができることを考えていくと、オンライン授業に行き着くことは当然の帰結であった。

しかしながら、教育行政として目標値を掲げ、ICT環境の整備を進めてきたにも関わらず、大多数の自治体および学校のICT環境はオンライン授業の実施に十分に対応できるものでは無かった。

機会の平等を強く重んじるわが国の学校文化の影響もあってか、全ての家庭において対応可能でなければ、実施に踏み切れなかったり、特定の学級だけで進めることで学級間の取り組みに差が出ることを不安視したりする声も数多く聞かれた。……