【視聴覚教材特集】教育現場での効果的なコンテンツ活用を。 DVD・デジタル教科書などを紹介

今年は新型コロナウイルス感染症が猛威を振るう中、新学習指導要領スタート元年を迎えた。GIGAスクール構想などの施策が打ち出され、効果的かつ充実した学びを実現するためには、ICTやコンテンツの有効活用が期待される。教育の大きな転換期にある今、各社の映像コンテンツやデジタル教科書などの視聴覚教材が充実しつつある。教材整備の予算編成作業が本格化する、この時期に、教材導入の参考になればと発行・販売各社の協力を得て「視聴覚教材特集」を実施した。

SRJ

TERRACE(テラス)

「言葉の力」を育む新しい学習ポータル

子供たちが授業や教材の変化に対応していくためには、正確な情報処理力と論理的思考力からなる「基礎能力の向上」がさらに大切になってきます。

TERRACEは、20年以上培ったノウハウをもとに設計された速読トレーニングをベースに、近年子供たちに身に付けさせたい能力として注目されている「読解力」「思考力」、英語長文を「読む・聴く力」を、PC・iPadで総合的にトレーニングできます。自立学習型のICT教材の利点を生かし、「教室での受講+自宅でのトレーニング」のハイブリッド型授業もサポートします。

【速読解力講座】

速読トレーニングを基本に、基礎的読解力の習得と文章の全体把握、理解力の向上を目指し、読むスピードと内容理解をバランスよく鍛えていきます。また、多くの文章に触れることで、読解力を支える語彙(ごい)力、多読力も培っていきます。

【思考力講座】

算数的思考力問題に取り組むことで、物事をさまざまな角度から見て考えをまとめる力、自分の意見を論理的に説明できる力を伸ばしていきます。

【速読聴英語講座】

英語長文中の「単語学習」、内容把握の「演習」を行ったあと、速読や倍速音声トレーニングによるスピード強化を行うことで、バランスよく「読む・聴く」力の向上を目指します。

また、思考力・判断力・表現力を養う探究学習型教材『FUTURE』を用いたアクティブラーニング授業もご提案しています。

東映教育映像部

いじめ 心の声に気づく力

相手の気持ちに気付く力を養う

一見、ふざけ合いや遊びに見える行為も相手が苦痛を感じていれば、それはいじめである。

小学生向けいじめ防止教材ドラマ「いじめ 心の声に気づく力」(DVD:対象と用途/小学校中学年・高学年/道徳・特別活動)は、子供たちがドラマに登場するいじめの被害者・加害者・傍観者の立場に自分を置き換えて視聴することで、いじめ行為を受けたクラスメートの本当の気持ちに気付く力を養い、いじめの傍観者にならず、解決のために何か行動をしようとする意識を持つことを狙いとしている。

作品では、学校生活の中での「からかい」がエスカレートし「いじめ」に発展する様子を身近な事例で、分かりやすく表現している。子供たちが自分の立場に置き換えやすいように工夫され、相手の気持ちになって議論をしやすいよう配慮されている。

小学校では2019年度から「特別の教科 道徳」が始まり、「考え、議論する道徳」の授業が求められている。いじめ防止のために、子供たちが考え、議論するための教材として最適な作品である。

上映時間は19分(字幕版付き。指導の手引書とワークシート付きで、学校特別価格は3万3千円(税別)。

予告編もウェブで配信している。本作品は日本視聴覚教育協会主催の2019年度優秀映像教材選奨において、最優秀作品賞(文部科学大臣賞)を受賞している。

教育出版

「目で見る算数」 DVD全3巻

算数の画期的な動画教材

目で見る算数は、教育出版と東京藝術大学の佐藤雅彦氏とユーフラテスが手を組み制作した画期的な動画教材です。

小学校4、5、6年の学年別DVD全3巻の商品構成で、算数の教科書の各学習単元ごとにおおむね1本の動画クリップが用意されています。1本当たり、約2~3分のショートクリップであり、算数の授業の要所に差し込んで視聴できます。

各動画クリップには、算数の授業のどこで見せたらよいか、授業でのおススメ活用場面が設定されています。授業の導入、まとめ、活用の場面など、各動画クリップに見せ所が用意されているというわけです。また、動画の途中で一時停止をし、児童に課題を投げ掛ける構成にもなっています。

そのほかに、計算の仕方や考え方を確認する動画、音楽やリズムに合わせて学習内容をまとめている動画などもあります。そのため、児童の自主学習にも適した教材となっています。

目で見る算数は、先生方にとっては頼もしい相棒であり、そして児童にはわくわくするような体験を与えてくれる存在です。このコンテンツで、より生き生きとした教室、新しい算数の授業と学び方を実感できるでしょう。

「目で見る算数」は、標準版のデジタル教材です。お使いの教科書を問わず活用できます。学校内フリーライセンスなので、同一校内であれば、台数無制限で利用可能です。

山川出版社

DVD教材 中学校版 ムービーシリーズ

興味・関心を引き出す授業を

山川出版社では授業で手軽に利用できるDVD教材として「ムービーシリーズ」を高等学校用に発売しており、大変ご好評をいただいております。NHKの多彩な映像資料を厳選・再編集して、新たにナレーションを付け、1テーマ3分前後にまとめていて、授業の導入などで使いやすく、生徒の興味を引き付ける教材になっています。また、教師用に授業で役立つ別冊の解説書も付いています。

中学校向けには、『ムービー中学の歴史』が発売されましたが、大変好評を得て、『ムービー中学の歴史 増補版』が続いて発売されました。これは、世界史および日本の現代史を充実させたもので、「世界の歴史編」「現代日本の歴史編」の2枚のDVDにそれぞれ30テーマずつ収録されています(それぞれ2枚組計60テーマ、2万円〈税別〉)。

このほか、ご要望の声が多かった『ムービー中学の公民』も発売されています(2枚組計60テーマ、2万円〈税別〉)。

高等学校向けには、『ムービー世界史』(全4巻)『ムービー日本史』(全4巻)『ムービー公民』(全3巻)(高校向けは、各巻1万5千円〈税別〉)も発売されています。

内田洋行

みんなで楽しく教室英語!

ウチダの小学校英語デジタル教材

小学校外国語の授業では、先生が児童と簡単な英語でやり取りをする場面が出てきます。「みんなで楽しく教室英語!」は、小学校英語教材で評価の高いmpi松香フォニックスの書籍をベースに、英語が苦手な先生でも使え、児童と一緒に英語に慣れ親しめるデジタル教材を念頭に制作した教材です。主に小学校「中学年」を対象としますが、小学校低学年でも高学年でも使えます。

特長は、◇先生と児童が英語でやり取りする教室英語を映像(チャンツ)教材で楽しく学べる◇先生が児童と一緒に英語に慣れ親しめる教材◇「授業で使う」「個人練習で使う」「校内研修で使う」3つの使い方◇授業ですぐに使えるように「指導案」「教室英語のポイント」付き◇2技能(聞く/話す)に対応していることです。

テーマは、①始めのあいさつのやり取り②ペアになったり、グループになるときのやり取り③発表したり、発表者を褒めるときのやり取り④終わりのあいさつのやり取りの4つを設定しています。

全16本の映像を収録しており、1本当たり1分~2分弱です。各テーマには指導案、スクリプト、指導用資料が付いています。

推奨環境は、パッケージ版Windows10(ブラウザー:Edge/Chrome/IE11)、EduMall版Windows10(ブラウザー:IE11/Edge/Chrome)、ChromeOS(ブラウザー:Chrome)、iOS(ブラウザー:Safari)です。

価格は、パッケージ版(型番4-810-3514)1万2千円、EduMall版(型番4-814-1069)年間3千円。いずれも税別です。

新興出版社啓林館

2021年度デジタル教科書(教材)

「紙の教科書を超えろ!」

「紙の教科書を超えろ!」のキャッチフレーズのもと、新興出版社啓林館では来年度中学校デジタル教科書(教材)を発行する予定です。

昨年より始動したGIGAスクール構想や、昨今のコロナ禍の影響によりデジタル教科書(教材)の需要は大きく伸びています。

そのような環境の中で、これからデジタル教科書(教材)をご利用になる先生方の一助となれば幸いです。

■より実践的な思考を引き出すコンテンツ

紙面からではイメージすることが難しい図形の回転シミュレーションや、生徒目線の実験動画、ネーティブスピーカーの英語音声などのコンテンツが多数収録されており、アイコンから迷わず起動できます。

教科書に準拠したデジタルならではのコンテンツを多数収録していますので、より生徒の興味を引き出し、理解を促すことができます。

■双方向的な授業を実現

超教科書ビューア内の機能「超しおり」を利用することで、先生と生徒の間で書き込みなどのデータのやり取りができます。この機能を使用することで、発表することが苦手な生徒にとっても考え方を伝えやすくなり、より双方向的な授業の実現が可能です。

先生・生徒間のみならず、生徒同士でもやり取りが行えるため、周りの友達の考えを知ることでお互いに学び合うこともできます。

また、一人一人のデータを残しておくことができるので、生徒別の理解度の把握、個別最適化学習への足掛けとしてもご利用いただけます。

光村教育図書

中学校 道徳科指導資料DVD

授業で使える映像資料集

光村図書『中学道徳 きみが いちばん ひかるとき』に準拠した映像資料集です。

教科書の教材と合わせて、授業の導入や終末、あるいはその両方で活用できるように映像を選定、編集しました。

■厳選された映像資料で生徒を引き込む
  • 映像資料はNHKの豊富なアーカイブから厳選。臨場感あふれる映像で生徒の興味・関心を高め、主体的な学びを促します。
  • 映像により、生徒全員が学習のポイントを視覚的につかむことができ、深い思考や話し合い活動などの活性化につながります。
  • 映像資料は1教材につき約5分で構成されており、50分の授業内で無理なく視聴できます。
■教科書と合わせて効果的に活用できる
  • 授業の導入で活用することで、教材に登場する人物や、描かれている出来事の背景などについて、基礎的な知識とイメージをもたせることができます。
  • 授業の終末で活用することで、学習した内容をより深く心に刻んだり、日常生活に生かそうとする意欲を高めたりする効果が期待できます。
    (写真は、学習指導要領の内容項目「我が国の伝統と文化の尊重、国を愛する態度」関連映像のイメージ例)
◆巻構成=1年~3年/DVD/各学年1巻/約20分
◆各学年本体価格=1万8千円+税
◆発行=NHKエンタープライズ
◆お問い合わせ=光村教育図書株式会社/℡03(3779)0581。

東京書籍

学習者用デジタル教科書・教材 新しい社会(地理、歴史、公民)

「心躍る学び」を、全ての子供たちへ

来年度の中学校教科書の改訂に伴い、東京書籍では発行する全ての教科・種目において「学習者用デジタル教科書」の発行を予定している。また、多くの教科で「学習者用デジタル教材」も発行する。

社会科では、来年度から実施される新学習指導要領で重視されている「社会的な見方・考え方」を、生徒主体の充実した学びの中で育むことを狙いとしている。

■「社会的な見方・考え方」を育む教科書

学習者用デジタル教科書は、原則として紙と同一の内容になっているが、大きく異なるところがある。それは学びの自由度が高い点である。

教科書の紙面に自由に書いたり消したりできることで、間違いを恐れずに何度も問題に挑戦できるようになり、拡大機能により図版の資料や新聞記事をくまなく読めるようになる。書き込みは非表示にできるので、きれいなままの紙面にいつでも戻ることができる。

さらに教科書と連携するデジタルコンテンツ(Dマークコンテンツ)を表示したり、外部のリンクを貼ったりできるなど、発展的な学習をスムーズにサポートできる。

■教科書を生かす教材

学習者用デジタル教材は、学習者用デジタル教科書と一体的に使うことによって、より効果を発揮する。生徒一人一人が試行錯誤できるコンテンツや、学びを深め調べ学習にも役立つ映像資料などを多数収録している。

また社会科では、自己学習でも学びが止まらないように、問題を解くためのヒントや重要な部分が一目で分かるよう、重要語句が隠されたコンテンツも搭載されている。

日本コロムビア

感染症の予防 ~新型コロナウイルス感染症~

新型コロナウイルス感染症予防の指導充実に

日本コロムビア(株)が販売するNHKエンタープライズ発行の「感染症の予防 ~新型コロナウイルス感染症~」(DVD/12月16日発売/小学校高学年、中学校、高等学校対象)は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を踏まえ、「感染症の予防」の指導充実を図るには最適な視聴覚教材である。

岡部信彦川崎市健康安全研究所所長(元国立感染症研究所感染症情報センター長)の監修のもと、文科省「改訂『生きる力』を育む中学校保健体育の手引」追補版に対応した作品。

感染症のメカニズムや感染予防などに関し「知識編」と「感染予防・実践編」の2部構成で、実験映像や感染予防対策の取り下ろし映像などを収録し、視覚的に分かりやすく解説している。また、感染症によって生じる差別や偏見についても取り扱い、道徳や総合的な学習の時間にも活用できるよう配慮されている。

DVDビデオ2枚組(セット販売のみ)で価格は3万円(税別)。収録時間は2枚合わせて約41分。概要は以下の通りである。

「知識編」/感染症とは何か、感染症との闘いの歴史、新型コロナウイルス感染症と世界、新型コロナウイルス感染症と日本、新型コロナウイルス感染症にかかると、潜伏期間と感染力、検査・治療薬・ワクチン、感染症の流行に伴うデマや偏見、まとめ。

「予防・実践編」/ウイルスが増殖するしくみ、感染症を予防する方法、まとめ、実践感染症対策。

映学社

フクロウ人形の秘密

犯罪や非行防止を考える

「フクロウ人形の秘密」(DVD/社会教育/小学校高学年以上・一般向け/文部科学省選定)は、法務省が主唱する「社会を明るくする運動」の一環として全国の小・中学生を対象に実施されている作文コンテストの中で法務大臣賞を受賞した、ある小学生の作文に今日的な再発防止の問題点を加え教育映画として制作された。

ドラマの内容は、主人公が母親と訪れた刑務所の展示即売所で木彫りのフクロウ人形を見つけ、そのかわいさが忘れられずに、数日後、再び一人で即売所を訪れた際に、女性の刑務官に、作品を作っている理由、収監されている罪を犯した少年少女たちの家庭環境など、話を聞く。そして、主人公は保護司である祖父のことを思い出す。

少年少女たちに対し、力を尽くしても裏切られ、それでも見捨てず見守り続けていたこと、社会復帰後の成長に思わずうれし涙していた光景が目に浮かぶ。主人公はフクロウ人形と出会ったことをきっかけに、犯罪や非行防止という大きな社会問題に対し、「小学生の自分たちにも何かできることがあるのでは」と考え始める。

再犯者の割合は二人に一人の割合である。どう再犯者を減らしていくかは安全で安心できる社会を目指す上では最重要課題である。全ての国民が、犯罪や非行防止と、罪を犯した人たちの更生について理解を深め、それぞれの立場において力を合わせ、犯罪や非行のない地域社会を築くための一助になることが本作品の狙いである。

上映時間は30分(字幕版の収録もあり)。学校価格(小学校・中学校・高校のみ)は3万5千円(税別)。