【学校図書館特集】教育課程の展開に寄与するための 効果的な学校図書館活用のヒントが満載

GIGAスクール構想の加速化により、学校現場では1人1台端末環境が本格化し、教育現場は新たな局面をむかえようとしている。そのような中、学校図書館も、情報サービスや学習支援、読書推進のあり方などに対して変化が迫られている。学校図書館は、子供にとっては「学び方」を、教師にとっては「教え方」を学ぶ場所である。学習指導要領において掲げている主体的・対話的で深い学びに寄与するためにも担っている役割は大きい。

今回の特集では、文部科学省の学校図書館に関する動向や施策、学校図書館とICT活用について取り上げ、識者から教育課程の展開に寄与するための提言をいただいた。 さらに、学校図書館活用の実践事例として、学校図書館の教科との連携、家庭・地域との連携、校長のリーダーシップ、ICTの活用、新聞活用、司書教諭と学校司書の協働した学校図書館運営など、日ごろのヒントになる多様な事例を紹介する。


学校図書館に対する国の施策を分かりやすく解説
学校図書館関係者からの提言
学校図書館の教科との連携、家庭・地域との連携、校長のリーダーシップ、ICTの活用、新聞活用、司書教諭と学校司書の協働した学校図書館運営など、ヒントになるさまざまな多様な実践事例をピックアップ。