令和4年度使用 高校教科書特集

令和4年度使用高校教科書を教科書発行者の協力のもと紹介する。

東京書籍


『新編現代の国語』社会に羽ばたくために読む力と伝え合う力を付ける教科書。新旧のバランスを意識した読解教材を中心に、言語活動教材を組み合わせた構成。仕事について考える単元や学ぶ意欲を高めるコラムが充実。

『新編言語文化』現代文編・古文編・漢文編の三部構成。学ぶ意欲を高める、親しみやすい教科書。生徒に身近な読解教材、古典と現代とのつながりを意識させる言語活動教材、興味・関心を広げるコラムや図版が充実。

『地理総合』①本文ページは50項目と学びやすい分量・構成。②千点以上の豊富な図版。③防災意識を高める活動や、災害への備えをまとめた特設ページと、防災単元を充実。

『新選歴史総合』①中学校までの学習とのつながりを意識し、基礎・基本からサポート。②大判の紙面を生かして豊富な資料をビジュアルに提示。③歴史への興味を喚起して楽しく学習。

『公共』①本文ページと〈ゼミナール〉で、公民科の核となる学習事項を網羅。②13テーマの冒頭の〈追究しよう〉で、主題学習への対応も万全。③参加型の活動に取り組める紙面が充実。

『数学Ⅰ/A/Ⅱ Standard』本シリーズは、生徒の「思考」を重視した教科書。また、「共通テストへの対応」「教育のデジタル化」これらの環境の変化に対応すべく、生まれ変わった。特長①生徒の「深い学び」が実現できる「考察」「Set Up」「探究」。②入試を見据えた学力向上のための「#問題」「問いかけ」「共通テストに備えよう」。③効率的・効果的な授業のためのデジタルコンテンツ。

『物理基礎』『化学基礎』『生物基礎』編集方針は「つなぐ力で主体的・協働的に未来をつくる」。基礎基本の徹底と自ら探究する力を育てる教科書。各節の基本構成は,「Let’s start!」「学習の問い」「実験(実習)」「本文」「この節のポイント」。教科書どおりに進めることで,問題解決力の育成が図れる。「問題」「まとめ」も充実。編末や巻末などには,思考力を問う問題を掲載し,変わる入試への対応も万全。学びを日常生活やキャリアにつなげる特集なども充実。学習に効果的なデジタルコンテンツも豊富。

英語コミュニケーションⅠ『ENRICH LEARNING』British Councilとタイアップ!実生活で出会う多様な英語を素材に、技能統合型の言語活動を通じて、実社会で活用できる英語力を養う。

論理・表現Ⅰ『NEW FAVORITE』英語で表現することを目指す教科書。①中学校の復習から始め、「やり取り」を中心に発信力を育成。②柔軟な授業計画立案を支援。③ICT活用で効果的な学びを展開。

『書道Ⅰ』(石飛博光ほか)①高精細画像、大きな骨書きと解説、自己評価の要点など充実した学習要素で、生徒の主体的で深い学びをサポート。②二次元コードから運筆動画を再生するなど、デジタル化にも対応。③日常書式や書道用語、鑑賞の言葉など豊富な資料。

『家庭基礎』『家庭総合』①「世界へつなげる」家庭科とSDGsのつながりが見える巻頭。「持続可能な生活を営む」章の新設。②「未来へつなげる」十八歳成年時代に向けた消費者教育の充実。生活設計を1枚ポートフォリオで。「私のキャリア」が人生のヒントに。③「学びをつなげる」豊富なデジタルコンテンツ。生活課題が見つかるチャート式。食品成分表やアミノ酸成分表などの豊富な資料。

『情報Ⅰ Step Forward!』理論編4章と実習編1章で構成。理論編は見開き構成で実習編と連動して学習できる。情報デザイン、プログラミング、データサイエンスなどは小中学校の学習を踏まえて展開。章末に過去に出題された大学入試問題を掲載した。

教育図書


『未来へつなぐ家庭基礎/家庭総合365』

家庭科の学びを通して「365日、毎日の暮らしを大切に豊かなものにしてほしい」という思いを込めて作成しました。簡潔で読みやすい文章と、視覚的に理解しやすい資料やイラストにもこだわりました。
教科書全体を通してSDGsの視点で構成し、持続可能な社会の担い手になることを目指します。

各種実習を中心に、100を超える関連動画を作成し、自学自習にも対応できる教科書です。

グループワークや調べ学習など、高校生が自分で考え、協働しながら学ぶことのできる資料を多く掲載しました。主体的・対話的で深い学びの実現をサポートする新しい時代の教科書です。

『家庭基礎つながる暮らし共に創る未来』

新しい学び方に対応しながらも、家庭科の基礎・基本を重視し、安心感のある教科書を作りました。小中高のつながりや他教科との連動も図り、コンパクトなB5サイズながら弊社随一の資料数で、学びを深めることができます。

これから社会人となる高校生を意識し、人との共生や自立について考えることのできる資料を豊富に掲載しました。生徒の主体的な思考を引き出す教科書です。

各種実習を中心とした100を超える関連動画や、重要語句をまとめる要点整理のコーナーなど、自学自習にも対応した読み応えのある教科書です。

『Survive!! 高等学校家庭基礎』

高校生が、これからの人生でぶつかる問題・課題に立ち向かい、社会の一員として自分らしく生き抜く(Survive)ことができるようにと願いを込めて編修しました。

主体的・対話的で深い学びのために、各内容の導入には、4コママンガを掲載しました。4コママンガには、教科書のキャラクターである「ハジメ」「ミホ」の人生のさまざまな場面(高校生?100歳)が描かれています。キャラクターたちが遭遇するさまざまな課題について一緒に考えることで、学習内容を「自分ごと」として捉え、興味を持って学習に取り組めるよう工夫しました。また、高校生が「やってみたい!」「誰かに話したい!」と思えるように、魅力的で取り組みやすい実習題材を厳選しました。

『書Ⅰ』『書Ⅰプライマリーブック』

書道Ⅰのみの履修校が増えている現状を踏まえ、今回2冊の分冊形式で、書道Ⅱや書道Ⅲまでを俯瞰し、幅広い学習が展開できる教科書を目指しました。2冊で1セットの教科書であることを強調するため、『書Ⅰ』の巻頭に『書Ⅰプライマリーブック』がぴったりと収まるブックインブックの造本を採用しています。

『書Ⅰ』は鑑賞主体、『書Ⅰプライマリーブック』は表現主体の内容で、2冊の往還を手助けするリンクマークなど「学びの道しるべ」を随所に配置し、QRコードを活用して、美術館・博物館のホームページを参照したり、オンライン授業にも利用できる動画資料なども盛り込んでいます。

『公共』

キャッチフレーズは「暗記する公民科から考える公民科」へ。今、目の前で起こっている社会課題、高校生が近い将来直面する不安、それらにについて思考し議論するための材料として「公共」は編集されています。

法、政治、経済、公共哲学に関する基礎的な知識の記述に加えて、関連する「テーマ学習」を54ページにわたり掲載しています。テーマ学習は喫緊の社会課題や、生徒にとって身近でリアルな悩みまで、27の問いはいずれも難問ばかり。あちらを立てれば、こちらが立たず。この意見の食い違いこそが、対話的な深い学びへの入り口です。知識と議論を往復し、先生と生徒がともに考える公民科の授業にぜひチャレンジしてください。

実教出版


■地理歴史・公民科■
地理総合

地理総合に新規参入。地理・歴史・公民全ての先生が安心して使え、それぞれの専門性を発揮できる教科書。GISや新しい学びなど、新課程の不安も万全のサポート。

詳述歴史総合

「世界史探究」「日本史探究」につながる、詳細版の教科書。「通史型」の学習後に「テーマ型」の学習を配置。歴史の流れや因果関係を追いやすい構成なので、学びやすく教えやすい。もちろん、入試で問われる思考力・判断力・表現力の育成も可能。

歴史総合

ビジュアルな紙面とコンパクトな内容で、多様な学びに対応。生徒の興味・関心を高める仕掛けが多い。また、中学の歴史とも接続が良く、スムーズな学びを実現。

詳述公共

倫理や政治・経済の内容を学習できる詳細版教科書。倫理や政治・経済を見据えた授業ができる。また、入試で問われる思考力・判断力・表現力の育成や、新しい学びのサポートも可能。

公共

基礎知識の習得から発展的考察まで、幅広く学習できる教科書。資料やコラムが多く、資料読解や新しい学びによって、思考力・判断力・表現力の育成が可能。入試に向かう力も養う。

■情報科■
高校情報Ⅰ
Python/JavaScript

高校情報シリーズの新課程版。詳しい解説と豊富な情報量が特長で、35テーマ+αで基本から応用的な内容まで網羅。プログラミング言語はPython版とJavaScript版の2種類を用意。

最新情報Ⅰ

最新情報シリーズの新課程版。「本文→例題→解説」を中心としたスタンダードな構成を踏襲。座学と実習をバランスよく扱える他、イラストや図が多い点も踏襲。プログラミング言語はなじみ深いExcel VBA。

図説情報Ⅰ

完全新刊!新しく手掛ける「やさしくビジュアル」な教科書。イラストや図を多用し、文章は平易に表現。また,様々な授業展開・学習方法をアシストする話題を豊富に掲載。プログラミング言語はScratch。

■理科■
物理基礎 新訂版
高校物理基礎 新訂版
化学基礎 academia
化学基礎
高校化学基礎
生物基礎 新訂版
高校生物基礎 新訂版
■家庭科■
家庭基礎 気づく力 築く未来
Agenda家庭基礎
図説家庭基礎
家庭総合

開隆堂出版


◆英語コミュニケーションⅠ
『Amity English Communication Ⅰ』

 基礎から学習したい生徒に向けた教科書。

○徹底した易しい英語

中学校までの既習事項中心の構成で、分かる喜びを実感できる。

○好奇心を刺激する導入

QRコードから音声や映像資料が視聴可能。

○無理なく取り組める自己表現活動

例やヒントとなる表現を豊富に示した。

○理解への豊富な手助け

場面を想像しやすく、文脈のある練習問題を用意した。

『APPLAUSE ENGLISH COMMUNICATION Ⅰ』

魅力的な題材を通して、英語力が身に付く教科書。

○魅力的な写真、映像による効果的な導入

題材の導入が効果的にできるよう、斬新な扉と映像資料を配置した。

○生徒の問題意識を向上させる魅力的な題材

学習意欲を喚起する魅力的な題材を精選した。

○充実した各種外部試験対策

大学入試や各種外部試験の対策もできる。

『Ambition English Communication Ⅰ』

ハイレベルな英文と言語活動で、高い英語力が身に付く教科書。

○4技能5領域の力を総合的に伸ばす

大学入試や各種外部試験にも対応できる、総合的な英語力を伸ばす。

○言語活動の充実

自分の意見を表現したり、他者の意見と比較したりする充実の言語活動。

○生徒の思考力を高める

身近な題材に加え、大学入試でも取り上げられる社会的な題材を多く取り上げた。

◆論理・表現Ⅰ
『Amity English Logic and Expression Ⅰ』

表現力の基礎が身に付く教科書。

○ゆとりのある紙面構成

A4判という大きい判型を生かし、指導や学びにゆとりが持てる。

○基礎・基本の習得

扱う文法の大半が中学校の学習内容であり、英語の基礎から復習できる。

○目で楽しみながら学習

魅力的なキャラクターが学習をサポートし、学習意欲の向上が図れる。

『APPLAUSE ENGLISH LOGIC AND EXPRESSION Ⅰ』

表現力が基礎から応用まで身に付く教科書。

○着実なステップアップ

生徒が段階的に表現力を育成できる構成。
○生徒の興味をひく工夫

魅力的なイラストや写真を多く配置。

○場面を意識した文法理解

本文対話により文法を場面で理解できる。

○基礎学力の確実な底上げ

表やイラストを基に考える問題で、思考力が身に付く。

◆『家庭基礎 明日の生活を築く』 『家庭総合 明日の生活を築く』

これからの人生をデザインするための知識と技能、そして持続可能な社会のための対話を満載した未来のための教科書。
各章では、基礎基本の確実な定着を図りながら、自立に欠かせない視点である、経済・福祉・SDGsのページを設定。

主体的・対話的で深い学びにするため、各学習の問いは、資料を見て対話し、考えをまとめる課題にした。

『家庭総合』では、探究的な内容(文化の創造、科学的な視点、課題解決学習)が充実。世界の料理に挑戦などの多彩な実習に取り組める。

◆『実践 情報Ⅰ』

実践活動を行いながら、実践と知識を結び付けて「使える知識にする」ことができる教科書。

一見開きに1時間を想定して、60のステップで構成。基礎・基本を習得できるように編集した。

問題解決的な実習例や課題に取り組むことで、無理なくステップアップができる。

VBAを用いたプログラミングの体験を通して、プログラミングの役割や利便性、基本的な考え方を押さえることができる。

三省堂


■国語(新刊)
『精選現代の国語』

授業の流れに沿った、読解教材中心の単元構成。情報社会やグローバリズムなど、生徒の主体性と思考を引き出す現代的かつ多様なテーマを収録。新聞記事や対談、ヒトゲノムの倫理規程など、文種も豊富です。

『新現代の国語』

ねらいや学習活動を明示、「何をやるか」が明確な単元構成。各単元のテーマ・学習内容に沿った明解かつ多様な教材を掲載。補充教材「学びを深める」と合わせ、主体的・対話的で深い学びを実現できます。

『精選言語文化』

授業を組み立てやすい、ジャンル別・文種別の単元構成。日本の言語文化の伝統・意義を重層的に学べる作品群。関連情報や古典文法のコラムも充実。追加教材「学びを広げる」で、比べ読みにも対応しています。

『新言語文化』

ねらいや学習活動を明示、「何をやるか」が明確な単元構成。日本の言語文化を総合的に学べる作品群に加え、合わせ読みもできる「広がる読書」を配置。読後の課題・言語活動の手順も丁寧に解説しています。

〈国語新刊共通〉

高校で本格導入される観点別評価に対応。学習目標の見通し・振り返りを明確にし、指導と評価の一体化へ。

□国語(既刊)

「高等学校」シリーズ

豊富な教材で、高度な読解力・表現力を育成。

「精選」シリーズ

実績・蓄積のある教材で、国語力を着実に育成。

「明解」シリーズ

読みやすい教材で、国語の基礎・基本を定着。

■英語(新刊)
『クラウン英語コミュニケーションⅠ』

授業の流れが見えやすい見開き構成。世界で活躍する日本人、環境、情報社会など現代的・実践的なテーマの英文を掲載。豊富な写真と図版資料で、生徒の主体的な言語活動を引き出します。

『マイウェイ英語コミュニケーションⅠ』

授業の流れが見えやすい見開き構成。これからの時代を生きる高校生の未来を考える、新鮮な題材の英文を掲載。着実な本文理解から言語活動へ、段階的にステップアップできます。

『ビスタ英語コミュニケーションⅠ』

丁寧な中学復習にはじまり、基礎・基本に徹した教科書。身近なものと世界とをつなぐ、“グローカル”なテーマの英文を掲載。ヒントやモデル例など、言語活動のサポートも充実しています。

『クラウン論理・表現Ⅰ』

授業を組み立てやすい3ステップ構成。豊富なモデル文や図表資料などによる導入・インプットから、多層的なアウトプットへ。文法学習・サポートもこれまで以上に充実しています。

『マイウェイ論理・表現Ⅰ』

学ぶ表現が分かりやすい、領域・場面ごとのレッスン構成。モデル会話・表現に基づいた活動、文法学習から、さらに実践的な活動へ。一貫したパターンの積み重ねで、発信の土台を形成できます。

『ビスタ論理・表現Ⅰ』

ねらいが分かりやすい、領域別のレッスン構成。モデル会話・表現の丁寧なインプットから、段階的なアウトプットへ。図やイラストを用いた文法解説など、楽しく英語を使える教科書です。

〈英語新刊共通〉

QRコードからアクセスできる“もうひとつの教科書”。本文音声再生、速度・表示変更、発音動画など充実のコンテンツ。

□英語(既刊)

「クラウン」シリーズ

実践的な題材で、高度な読解力・表現力を育成。

「マイウェイ」シリーズ

新鮮な題材で、着実に読解力・表現力を育成。
「ビスタ」シリーズ

身近な題材で、英語の基礎・基本を定着。

「セレクト」シリーズ

丁寧な解説で、文法・会話の基本表現を定着。

教育芸術社


■『高校生の音楽1』(小原光一ほか)
❶学びの軸となる「音楽って何だろう?」

「音楽って何だろう?」という問い掛けを出発点にさまざまな音楽のあり方に触れ「音楽」を捉え直す。ワークシートで自分自身の音楽観を確認して以降の学びの軸とする。他にも、世界の音楽の多様な在り方、音楽に関わる人やテクノロジー、リズムに注目した音楽の分類、など多角的な切り口でこの「問い」に迫る。巻頭にはさまざまな分野で活躍する古今東西15名の「問い」に対する回答を掲載している。

❷生活や社会とつながる教材

生活や社会を明るく豊かなものにする音楽の多様な力に触れる教材を選定。現代社会のさまざまな課題を背景に持つ表現・鑑賞教材の学習を通して学びと社会をつなげる。実際の体験をもとにした音楽旅行記を参考に自ら架空の音楽旅行記を作成して音楽的視野を広げる。著作権の基本的な考え方を学び、身近なケースを例に理解を深める。

❸豊富な資料で学びを支える

10ページにわたる「西洋音楽史」、日本の伝統音楽を俯瞰する「日本音楽の流れ」、西洋音楽の楽典、イタリア語の発音、ドイツ語の発音、フランス語の発音など学びを支える資料が満載。

❹学習に役立つQRコンテンツ

原語歌詞の朗読、器楽教材の奏法解説や模範演奏、日本音楽の各分野(雅楽、能、歌舞伎)の体験活動のお手本、ガムラン音楽の構造を実際の曲を例に解説した動画、掲載している全てのコードのギターとキーボードによる実演など、学習に役立つQRコンテンツが満載である。

■『MOUSA1』(小原光一ほか)
❶質の高い教材と豊富な資料

生徒に日々接している先生方の実践的なアイディアを具現化。歌唱・器楽教材は著作者自ら試演を重ね、創作教材も具体例を挙げ丁寧に手順を示した。掲載曲は、さまざまなジャンルから教材性の高い曲を厳選。曲名をジャンル別にまとめた「ジャンル別MAP」で選曲をサポートする。

❷音楽の幅広い知識及び技能の習得

基礎的・基本的な知識及び技能の習得を目指し、生徒が確実に「分かる」「できる」ことを最大の目標にしている。特に読譜力を高めるステップ、歌唱や器楽に関する説明に配慮し、器楽教材は、楽譜と楽器や奏法の説明を見開きに配置。ソルフェージュの課題は生徒の実態に応じた内容とした。

❸音楽を通した思考力、判断力、表現力の育成

「主体的・対話的で深い学び」の本質に触れることができる教材として、生徒どうしの会話による《Caro mio ben》の分析を掲載。また、各紙面には学習の目標や活動のポイントなどを明示。その他、表現と鑑賞の一体化を図った教材や、〔共通事項〕を手掛かりにして学習を深める教材を掲載した。

❹音楽を通した学びに向かう力、人間性等の涵養

生活や社会、伝統や文化などと関連付けた内容や、QRコードを用いて調べることのできる学習活動を充実させた。生徒が音楽の学習を意義あるものとして捉え、生涯にわたって音楽文化に親しむ態度を育むことができるよう配慮した。

光村図書出版


『書Ⅰ』

生徒が書と向き合い、自分らしい表現や好きな書に出会える教科書を目指した。

▼基本方針

感じる・学ぶ・考える

▼判型・製本

A4判・中綴じ製本

▼編集委員

髙木聖雨(代表著者)、黒田賢一、島谷弘幸、中野北溟、永守蒼穹、横田恭三、薄田東仙、尾西正成、金子大蔵、佐藤顕弘、富田淳、中村史朗、鍋島稲子、真鍋昌生、湯澤聡(以上、著者)、市原恭代(カラーユニバーサルデザインに関する校閲)、佐島毅(特別支援教育に関する校閲)

▼編集のポイント

①見やすく、学びやすい基本古典

書を学ぶ上で基本となる古典は4ページ構成とし、表現と鑑賞の基礎的な能力を着実に習得できるように改良した。前半2ページは、古典を剪装本や巻子本そのままの状態で見開き・原寸大で掲載。後半2ページは、ページ大の臨書手本と古典の特徴や臨書のポイントを焦点化して示した。

紙面の二次元コードからは、スマートフォンやタブレットを使って、執筆動画や臨書手本などを閲覧することができる。

②圧巻のグラビアページ

巻末に8ページの折込資料を2つ収録した。「風信帖」「蘭亭序」の原寸大全景をはじめ、「龍門二十品」を全点掲載。鮮明な画像と臨場感あふれるレイアウトで生徒の感性に響くよう工夫した。

③「言葉」を大切にした新教材

巻頭には、漫画「宇宙兄弟」を題材に、言葉を書で表現する魅力を伝える教材を新設。また、高等学校国語科との接続に配慮し、「文士の書」を6ページにわたり掲載。教科書全体を通して言葉を大切にした編集を行った。

④主体的に学べる活動

主体的に学ぶことで書を好きになってもらえるよう、自分の好きな古典を「比べて、選ぶ」活動や、用筆や字形の違いを話し合う活動などを積極的に取り入れた。

『美術1』

教科書を開いた生徒たちが「もっとつくりたい、もっと見てみたい」と思える紙面を目指した。多様な作品を掲載したり、制作の過程を丁寧に紹介したりすることで、表現や鑑賞に対する生徒の意欲を高めることができるよう配慮した。

▼編集のポイント
①表現のヒントになる「作家の手法」

第一線で活躍する10人の作家が、それぞれ作品をどのように発想し、どうつくり上げていくのかを紹介する「作家の手法」のページを設けた。なかでも彫刻家の三沢厚彦と日本画家の中島千波については、教科書のために新作を制作する過程を丁寧に取材・撮影して掲載した。

②質にとことんこだわった鑑賞題材

本物に近い風合いを再現することを意図して、曽我蕭白「雲龍図」、葛飾北斎「諸国瀧廻り 下野黒髪山きりふりの滝」、「鳥獣人物戯画 甲巻(始めから終わりまですべて)」を、和紙風の高級用紙に印刷した。

また、「比べて鑑賞する」という鑑賞題材を新たに設けた。作品を比較することで、共通点や違いを感じ取ったり、感じたことを話し合ったりすることができる。西洋絵画のジュゼッペ・アルチンボルド「夏」と日本の浮世絵である歌川国芳「みかけはこはゐがとんだいゝ人だ」の比較をはじめ、4題材設けている。

③充実の巻末資料

鉛筆、水彩絵の具、油絵の具、塑造など高校の美術で使われるほぼ全ての技法を掲載した。それぞれの技法については、紙面のQRコードから制作過程の動画を見ることができ、自主学習の際にも活用できる。また、新学習指導要領で重視されている〔共通事項〕の学習に役立つよう、色に関する資料を充実させた。教科書から切り離し、折りたたんで使うことができる「混色のヒント&色彩図鑑」を設け、表現や鑑賞の際に参照できるようにした。

大修館書店


■国語■
『現代の国語』

グローバル社会に通用する実践的な「話す・聞く」「書く」「読む」力を育む教科書。統計資料や図版の解釈、複数の文章や資料の比較読みなど、新しい大学入試に対応した教材を多数収録しました。

『言語文化』

言葉と文化の歴史的な連なりを考える「タテ」の言語文化と、さまざまな地域・国とのつながりを考える「ヨコ」の言語文化。古文・漢文はもちろん、小説の名作や翻訳の文章も掲載。広い視野で学べる教科書です。

『新編 現代の国語』

「他者に共感する力」「論理的に考える力」「言葉で伝え合う力」を高める教科書。論理的な思考力を育む評論、関心や意欲を高めるエッセイ、料理レシピやアニメーション映画の企画書などの実用的な文章といった、バラエティー豊かな読み物が盛りだくさんです。

『新編 言語文化』

新鮮な教材で言語文化への興味をかき立て、ことばの旅へといざなう教科書。小説は、定番の「羅生門」を始め、夏目漱石から村上春樹まで、近現代の名作を網羅。各単元に関連したテーマを扱ったコラム「言語文化の窓」は、受け継がれてきた言葉や文化についての解説、著名人による古典作品の紹介など、充実した内容です。

■英語■
『CrossroadsEnglish Communication Ⅰ』

英語を使って、考える、表現する、新機軸の教科書。授業の中にスムーズに言語活動を取り入れ、4技能5領域をバランスよく育成できます。①授業の流れが明確な2パート構成、②聞いたこと、読んだことを基に表現活動ができるタスクを設定、③未来への視点に欠かせないSDGsを意識したトピックを選定、が3つのポイントです。

『PANORAMA English Communication 1』

ゴールを目指して段階的に、着実に、学力がつく教科書です。高校生が思考を深め、話したり書いたりしやすい身近なテーマを選びました。ポイントは、①見開きパート構成で使いやすい、②ゴールとプロセスが見渡しやすい、③スパイラル学習で学力が定着する、④自分で考え、意見が言いやすい教材です。

『Genius English Logic and Expression Ⅰ』

実際のコミュニケーションの場面で活用できる英語力が身に付く教科書。①インプットからスムーズなアウトプットへ、②コミュニケーションにつながる文法力の育成、③豊かな内容の表現活動の3点を工夫した構成になっています。考えながら学ぶ段階的な活動を通して、アウトプットの力を獲得できます。

■保健体育■
『現代高等保健体育』

従来教科書の記述をベースに、より分かりやすく表現しています。また、生徒にとって身近な内容を充実させました。

『新高等保健体育』

記述内容および掲載資料をリニューアルし、深い学びへと学習者を導く教科書です。学習した内容を広め・深める課題を充実させました。

■家庭■
『Creative Living『家庭総合』で生活をつくろう』
『Creative Living『家庭基礎』で生活をつくろう』

学習を自分の生活や人生、社会に結び付け、自らマネジメントできるよう、①人生をデザインできる力、②着実な経済生活を営む力、③意思決定力と実践力、④生活スキル、⑤国際性の5つの力を育む教科書です。学習意欲を高めるキャラクターを配置しています。

啓林館


《数学・新課程用》
★「思考力・判断力・表現力」・「自ら学びに向かう姿勢」が身に付く
●さまざまな授業に対応でき、多様な視点で「考え方」が身に付く教科書
『数学Ⅰ・A・Ⅱ』

◇生徒が読んで理解できる配列・流れ◇課題を通して生徒自ら考え方を学ぶ「Approach」◇数学的思考を深める「注目」「視点」「思考力を養う・みがく」

●楽しみながら基本を固める「基礎理解型」教科書
『新編数学Ⅰ・A・Ⅱ』

◇日常と関連する数学やイメージ理解を助ける紙面で学習意欲を引き出す◇「ふり返り」で、既習事項を確認◇「例」と「問」、「例題」と「練習」が一対一対応

●幅広い授業展開が可能な、「数学的思考力」を養う新しい教科書
『深進数学Ⅰ・A・Ⅱ』

◇学びを「進める」「深める」構成で授業スタイルを柔軟に◇高校数学の本質を学ぶ「コア編」◇数学的思考力を養う「探究編」

《理科・新課程用》
★デジタルコンテンツも充実の、誰もが探究的に学べる教科書
『高等学校 物理基礎』

◇動画を使ったスムーズな探究活動◇思考力を養う「深めよう」「力だめし」

『高等学校 考える物理基礎』

◇学習内容を細分化した見開き構成◇「自分で書く」活動で学習内容の理解を深める

『高等学校 化学基礎』

◇実験と問題で探究活動の要点をつかむ◇豊富な実験動画・図・写真で化学の本質を理解

『ⅰ版 化学基礎』

◇生徒の興味を引き出す資料性を高めた紙面◇実験動画・解説動画で自学自習もサポート

『高等学校 生物基礎』

◇「課題」「まとめ」で学びやすい構成◇図・写真の読解力を養う◇解説動画で自学自習もサポート

『ⅰ版 生物基礎』

◇視覚的に学び、イメージが定着できる紙面◇豊富な資料で深い学びを実現◇解説動画で自学自習もサポート

『高等学校 地学基礎』

◇学習課題を示す「学びの視点」◇図・写真の読解力を養う

『高等学校 科学と人間生活』

◇豊富な図・写真・導入アニメーションで興味を引き出す◇フラッシュカードで学習のまとめ

《理数科・新課程用》
★探究に必要な資質・能力を育成する教科書
『理数探究基礎 未来に向かって』

◇豊富な図・写真・イラストで探究活動の流れを丁寧に学べる構成◇豊富な探究事例を掲載

《英語・新課程用》
★英語コミュニケーションⅠ
●見開きで読む最高レベルの教科書
『ELEMENTⅠ』

◇1レッスンの本文を見開きに収録◇四技能五領域を自然な流れで学べる◇内容理解問題TRYでより高い思考力・判断力を養う◇イギリス英語も体験できる

●親近感のある題材でバランスよく活動できる教科書
『LANDMARKⅠ』

◇四技能五領域対応のアイコンで、活用する技能が一目で分かる◇重要語を青字で表示◇多様な形式の英文から情報を読み取る「More Information」◇本文を見開きで一覧できる「Read Aloud」

●LANDMARKと題材を共通化、生徒一人一人にフィットした教科書
『LANDMARK FitⅠ』

◇本文+問題の見開き構成◇四技能五領域を無理なく統合的に学習できるスモールステップ◇音読用ページ「Reading Aloud」で本文の概要も把握◇SDGsと深く関わる各題材と特集ページ

★論理・表現Ⅰ
●場面・状況に応じたコミュニケーション力を育成する教科書
『Vision Quest ⅠAdvanced/Standard』

◇文脈の中で文法を体系的に学習できる◇カスタマイズしやすい豊富なモデル文で、文を書く・話す活動をサポート◇理由
・根拠を意識した英語の発信・受信が可能に

数研出版


【数学】
《新課程版》

▼数学シリーズ◇本質的な理解、内容の充実◇新要素でより深い学び

▼NEXTシリーズ◇何を、なぜ学んでいるかを意識することで本質的な知識・技能を習得

▼高等学校シリーズ◇本質的な理解、適度な内容◇新要素でより深い学び

▼新編シリーズ◇既習事項とのつながりを強化、知識・技能の定着◇新要素でより深い学び

▼最新シリーズ◇基礎~標準の徹底理解◇新要素で知識・技能の理解

▼新 高校の数学シリーズ◇見やすさ、分かりやすさを強化◇数学を身近に感じられる題材

【理科】
《新課程版》

▼物理基礎、化学基礎、生物基礎◇「自ら考える力」を養える◇詳しさとわかりやすさの両立◇受験対策に万全な、最高レベルの教科書

▼高等学校 化学基礎、生物基礎、地学基礎◇図や写真を大きく配置したゆとりある紙面◇見やすさと詳しさの両立

▼新編 物理基礎、化学基礎、生物基礎◇分かりやすさとビジュアルに重点を置いた大判教科書◇日常生活とのつながりを感じながら、無理なく基本が定着

▼科学と人間生活◇ビジュアルに重点をおいた、1単元見開き構成◇身のまわりにある科学を実感

【理数】
《新課程版》

▼理数探究基礎◇豊富な例で解説。探究で活用できる◇実験・観察の理解を深める

【国語】
《新課程版》

▼現代の国語◇多彩な題材◇論理的思考力・表現力を体系的に養う

▼高等学校 現代の国語◇各領域を関連付けて学ぶ◇論理的思考力・表現力を総合的に養う

▼新編 現代の国語◇実社会で生きる言葉の力を総合的に養う

▼言語文化◇多彩な題材◇読解力と思考力を養う

▼高等学校 言語文化◇古典と近現代を関連付けて学ぶ◇総合的に読解力と思考力を養う

▼新編 言語文化◇便覧的要素が充実◇実社会に必要な伝統的な国語的教養を養う

《現行課程版》

▼改訂版 現代文B、新編 現代文B、改訂版 古典B 古文編/漢文編を発行

【英語】
《新課程版》
〈英語コミュニケーション〉

▼BLUE MARBLE◇議論につながる題材◇4技能5領域をバランスよく扱い、思考力・判断力・表現力を育む

▼BIG DIPPER◇運用しやすい各パート見開き構成◇無理なく4技能5領域を学べる

▼COMET◇学習ポイントが明確な完全見開き構成◇ワイド判で取り組みやすい

〈論理・表現〉

▼EARTHRISE◇Advanced・Standardを発行◇文法・表現を使い、アウトプット活動を行う

▼BIG DIPPER◇〈文法+機能表現〉の2パート◇各課見開き2p構成で運用しやすい

【公民】
《新課程版》

▼公共◇思考力が身につく◇大学入試を見据えた知識量を網羅◇生徒の知識・技能充実のための工夫が充実

▼高等学校 公共◇ワイドな判型を生かして資料が充実◇「18歳成人」時代を実感できる◇思考力養成、知識・技能定着のための工夫が充実

《現行課程版》

▼改訂版 現代社会、改訂版 高等学校 現代社会、改訂版 政治・経済、改訂版 倫理を発行

【情報】
《新課程版》

▼高等学校 情報Ⅰ◇詳細な本文と豊富な写真◇見やすさと詳しさを両立した資料集のような教科書◇身近な話題で実社会との関連を意識できる

▼情報Ⅰ Next◇紙面の半分以上が図やイラスト◇視覚的な分かりやすさと実習の豊富さを両立◇親しみやすく、興味を持続して学習できる

日本文教出版


【美術Ⅰ】
高校生の美術1

高校美術Ⅰで学ぶべき基礎的・基本的な事項を、全国の高校のシラバス調査の結果を基にして、丁寧に取り上げた。現行の「高校生の美術1」とほぼ同じ構成で、豊富な題材数、通史で掲載する美術史、充実した技法資料が特色となっている。

新版の特徴としては、学習指導要領改訂の要点に対応した「学びの目標」を全題材に掲載した点が挙げられる。「学びの目標」は、資質・能力の三本柱に対応する「知識及び技能」「思考力、判断力、表現力等」「学びに向かう力、人間性等」について、端的に記述したもので、その題材のねらいを教師や生徒に分かりやすく示したり、授業展開の途中で学びの振り返りを促したりすることを目的とする。

また、GIGAスクール構想による「1人1台端末」整備とICT活用教育の普及を見越して、多彩なデジタルコンテンツを用意した。高校美術でよく扱われる13の技法について教科書と連動する詳細な動画を視聴できる。

動画は教科書の各技法資料ページの掲載画像にひもづく形で整理されていて、メニュー画面で写真をクリックすると個別に再生される。紙面で紹介している内容を補完する動画を収録していて、例えば、油彩画では、作品完成までのプロセスを合計32点の短い動画クリップで構成した。見たい動画に素早くたどり着ける点が特色だ。その他、インタビュー動画も豊富で、教科書掲載の動画作品を視聴することも可能である。

高校美術

これからの社会を切り開く創造力を育むことをテーマに編集した、全く新しい美術の教科書。全題材ページに、主題性を引き出す問い掛けを掲載しているのが特徴で、教師の発問の手助けをしたり、生徒が主体的に考えたりすることを促している。加えて、STEAM教育に関連する内容やデザイン思考、AIや著作権など、今日的なトピックも広く取り上げている。掲載作品に現代作家を多く起用している点も特色となっている。

【情報】
『情報Ⅰ』

「情報Ⅰ」の学びは全てのベースに「問題解決」がある。この教科書の第1章は問題解決につながる「TRY」と「GUIDE」で構成される。「TRY」は著作権、個人情報、サイバー犯罪、ソーシャルメディアの適切な活用方法などについて、その解決策の検討などを対話的に行い「自分なりの考え」を醸成する。

「GUIDE」ではその補足説明をしている。第1章での問題解決のウォーミングアップは、第2章以降で学ぶ「情報デザイン」「プログラミング」「データ活用」の知識や技能を生かす「章末実習」で活きてくる。各章末実習に取り組む際に必要なテクニックは「技法」としてまとめられており、生徒の学びをサポートしている。

高校生が読めば分かる丁寧な解説とともに、「主体的・対話的で深い学び」につながる全体設計を行い、情報科への期待に真正面から応えるための教科書となっている。

『情報Ⅰ図解と実習』

「見てわかる」「やってわかる」の2分冊。情報科では初めてのブックインブック形式の教科書とした。本を物理的に分けることで、学習者は「見て・読んで理解する時間」と「手を動かして考え表現する時間」という性質の異なる学びのモードをすぐに切り替えることができる。

「図解編」は「導入→展開→まとめ」の流れを意識した2~4ブロックのまとまりで構成し、学びの要点を絞って分かりやすく解説した。図解での解説を補足する側欄本文が「見てわかる」→「読んでさらにわかる」という自然な理解の流れをつくっている。

「実習編」は10のセクションに分かれた実習で構成され、ソフトウェアの操作説明なども含めて自学自習も可能なレベルで詳細に手順を示した。調べたことや考えたことをまとめるワークシートも豊富で、書き込みのしやすさも考慮し図解編とは異なる用紙を用いている。

第一学習社


【国語】

『現代の国語』評論は基礎から応用まで、16作品採録。論理の型を学ぶことに特化した「論理分析」を用意。実用文、表現実践、コラム的な読み物も豊富に用意。さらに小説教材を5作品採録。

『標準現代の国語』生徒に身近な具体例から知識や読解力を高めていく構成。読み比べなどの素材を盛り込みつつ、基礎学力を身に付けることに主眼を置いた。表現実践の単元も充実。

『精選言語文化』日本古典文学・近現代文学、漢文の採録数が多い。新課程を意識した「伝統と文化」「日本の漢詩」、コラム「歴史の窓」、別資料との読み比べ題材など、充実の構成。

『新編言語文化』近現代文学を多めに採録。B5判の大きい紙面を生かして、書き込み用スペースを用意。基礎事項や参考図録等が豊富で学びやすさに配慮した。

【理科】

『物理基礎』探究的な学習の過程を重視。多数の写真掲載など、使いやすさを徹底追求。実験動画や問題解説をWEB配信。

『化学基礎』学習内容を網羅し、丁寧に解説。項目のつながりを重視し、生徒が読み進めやすい構成。WEBで実験動画やアニメーションを配信。

『生物基礎』生物基礎の学習内容を網羅。探究的な学習の過程を重視した展開。キャリア教育にも配慮。WEBで実験動画やアニメーションを配信。

『地学基礎』段階を追って学習できる完全見開き構成。学習を深める鮮明な写真や題材を豊富に用意。WEBで動画も配信。

『科学と人間生活』人間生活に不可欠な科学やその応用技術について、各テーマ見開き2ページで解説。二次元コードから1分イントロや実験動画などが視聴可能。

【地歴・公民】

『地理総合』「異文化理解」「SDGs」「防災」を柱に構成。豊富な写真や作業学習で、現代を生きるための力が身に付く。

『歴史総合』オーソドックスな紙面、豊富な問い・資料、さまざまな特集・コラムで近現代史の知識と歴史的な見方・考え方を着実に身に付けられる。

『新歴史総合』本文は2単位で無理なく終えられるテーマ数。さまざまな資料や問いで深い学びを実現。興味・関心を喚起する特集やコラムも充実。

『公共』高校生が読んでわかる、大学入試を見据えた充実型。各節の問いを積み重ねて、主題の問いを考える構成。思考力を育成する問いが充実。

『新公共』学びの「その先」が分かる、社会で生きる力が身に付く標準型。ワイドなAB判の見開き構成で、豊富な資料や身近な事例を使って学べる。

【英語】

『CREATIVE English Communication Ⅰ』SDGsや他教科の内容にも関連した身近な題材を通した豊かな言語活動。生徒の発信を支援する、さまざまなテキストタイプや豊富な背景資料を掲載。

『Vivid English Communication Ⅰ』SDGsにも関連した身近な題材を通して英語力の基礎を身に付ける。各パート見開き完結、スモールステップで言語材料の定着を図る。

【数学】

『新編数学Ⅰ(本冊・サポートブック)』既習事項が確認できるサポートブックを用意。章扉や項目の先頭の「学習のねらい」で内容のつながりがつかめる。二次元コードのリンク先に解説動画等を用意。基本事項の知識・技能が着実に習得できる。また、「考えてみよう」等、協働的に取り組める課題を豊富に掲載。

【保健体育】

『保健体育(Textbook・Activity)』保健体育初の二分冊構成の教科書。思考力・判断力・表現力を多様な方法で伸ばせる。

【家庭】

『家庭基礎』『家庭総合』学びやすい本文と多彩な題材をバランスよく掲載。持続可能な未来に向けて自ら探究できる教科書。

【情報】

『情報Ⅰ』親しみやすい紙面で、科学的な「しくみ」が分かる教科書。サンプルデータやいろいろなシミュレータも用意。

桐原書店


『ハートニング英語コミュニケーションⅠ』

 新課程の指導に合わせてゼロから新しく作り上げた教科書です。掲載された10編の題材では、先入観を覆し新たな発見を与えてくれる、誰もが驚くような意外な事実が語られています。教科横断型の題材、SDGsをテーマにした題材も収録しています。本課の英文には、場面や状況を設定するリード文があり、その上で、ウェブサイトに投稿された多様な意見、レクチャー形式の発表、レポーターによる現地レポートなど、飽きさせない工夫を施したさまざまな英文を読みます。課末のコミュニケーションタスクでは、リテリングや技能統合型のビジュアル問題も用意しており、検定試験や大学入試に対応する力も養成します。

『ファクトブック論理・表現Ⅰ』

従来の文法学習を踏まえながら、発信へと繋げる効果的な言語活動をふんだんに取り入れています。扱うテーマは全てSDGsに紐付けられており、多様な話題に触れることで、視野を広げ見方・考え方を深めることができます。各ユニットは、リスニングからスピーキング、ライティングへと、共通のテーマで貫かれています。タスク活動と文法は有機的につながりながらもページを分けて掲載しているので、タスクがぶつ切りになることがなく,文法も体系的に学習することができます。さらに、全てのタスクが同じパターンで繰り返されることで、タスクが自動化し、生徒が戸惑うことなく円滑で活性化した授業運営を助けます。また、文法は、文脈問題をはじめ豊富な演習量を確保しており、準拠の文法参考書と連携しながら、発信のための文法学習を実現します。

新課程では、『ハートニング』のSDGsレッスンが『ファクトブック』の該当ユニットで扱うテーマとリンクするという、新たな試みにも挑戦しました。これらの教科書を通して、生徒が自ら考え、他者と共感し合い、新しい時代を歩んでいくことを願っています。

『探求 現代の国語』

「評論」:12本の評論教材に加え、評論の読み方を学ぶための短めの評論を「評論解析」単元に12本、実用文単元に3本、合計27本の評論教材を掲載。ご指導の計画に合わせて幅広い教材選択が可能です。

「文学的文章」:各評論単元に続いて現代小説・詩歌などの文学的文章を掲載。教材単独での学習のみならず、「知の深化」コーナーによって評論教材と関連付けて学ぶことも可能です。

「実用的文章」:「学級日誌」などの身近なテーマから「出国手続き」など社会生活上のテーマまで豊富な教材を掲載。入試対策を想定した評価問題もご用意しています。形式的な作業に終わらないよう、関連評論3本も掲載しました。

『探求 言語文化』

「古文編」「漢文編」:豊富な教材群から授業計画に合わせて教材をお選びいただけます。「古典世界ビュー」「古典世界ワイドビュー」にて、「任官」「鬼」「科挙」「儒教」など、古文漢文の世界を理解するために避けて通れない概念を分かりやすく解説しています。また巻頭の「ジャンル解説」と巻末の「鳥瞰文学史」および各作品冒頭のチャートにて、学習する教材の文学史的立ち位置を把握しやすくしています。

「近代以降の文章編」:定番教材の「羅生門」を「言語文化」に収録することで、「今昔物語集」との比較学習が容易となりました。